旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

レッドブルエアレース最終戦 2019年千葉大会 第3回 地獄脱出、空気が一変したラウンド・オブ8

2019年09月25日07時13分 / 提供:マイナビニュース

初戦であるラウンド・オブ14での敗退という最悪の展開を辛くも脱した室屋選手。逆に、マルティン・ソンカ選手(チェコ)のまさかの敗退で、ほとんど「理論上の可能性」に過ぎなかった年間チャンピオンの可能性がぐっと現実味を帯びてきた。この時点での状況を整理してみよう。室屋選手の点数は55点で3位だ。

これまでの首位だったソンカ選手は、予選終了時点で67点。しかしラウンド・オブ14で敗退、タイムも低く13位にとどまったため、本戦での獲得ポイントはわずか1点で68点になった。室屋選手が6位になれば13点を獲得して合計68点になり、ソンカ選手と同点。この場合は優勝回数で比較するので、2回優勝の室屋選手がソンカ選手より上の順位になる。つまり、6位以上がソンカ選手を上回る条件だ。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る