旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ニコン「Z 85mm f/1.8 S」レビュー スナップにも向く中望遠レンズ

2019年09月24日17時31分 / 提供:マイナビニュース

10月7日まで実施している「BEST SELECTION キャッシュバックキャンペーン」の後押しもあり、低価格モデル「ニコン Z 6」を中心に売れ行きを伸ばしているニコンのフルサイズミラーレス「Z」シリーズ。画質の良さと使い勝手の良さだけでなく、交換レンズが続々と登場してきていることも支持される理由といえます。

特に、2019年は超ワイドズームレンズ「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」や大口径標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」など、使い勝手のよい交換レンズを相次いでリリース。この9月には、中望遠の単焦点レンズ「NIKKOR Z 85mm f/1.8 S」がいよいよ登場。ニコン Z 6に装着してインプレッションしてみました。

85mm f/1.8 Sは、扱いやすいサイズに収められた開放値F1.8の中望遠レンズ。重量は470gほどで、フルサイズのZ 6に装着しても1150gほどに抑えられ、ハンドリングは良好だと感じます。

外観は、ほかのNIKKOR Zレンズシリーズと同様に、ソリッドでストレートな印象です。フォトグラファーがさまざまな機能を割り当てられるコントロールリングは、動きが滑らかで動画撮影時にも配慮されており、オートフォーカスとマニュアルフォーカスの切替スイッチの節度感も好ましく感じました。

レンズには、ニコン製交換レンズで評価の高いナノクリスタルコートが施され、逆光時もゴーストやフレアが少なく、太陽がフレーム内に入るような厳しいシーンでもヌケ感のあるクリアな写真が撮れます。最短撮影距離は撮像面から0.8mで、近距離から遠距離までビシッとAFが決まりました。レンズには、ホコリや水滴の侵入を防ぐシーリングを施しているので、過酷な環境下での撮影も安心して臨めるのがうれしいところです。

実写して感じたのは、ボケがとても美しいこと。開放値F1.8の中望遠レンズなので、被写体の背景がキレイにボケてくれるのが印象的です。絞り開放で撮ったカットは、焦点面がクッキリとシャープに描きつつ、その周囲は上品に消えゆくようにデフォーカスしていく感じがたまりません。Zシリーズはオートフォーカス性能が優れているので、絞り開放から積極的に使える点が素晴らしいですね。特に、瞳AFの精度が高く、左右どちらの眼にピントを合わせるか切り替えるのも簡単なので、ポートレート撮影では絶大な威力を発揮すること間違いないでしょう。

もちろん、ちょっと絞ればよりキリッとした描写も楽しめるので、風景やスナップショット、テーブルフォトなどでも活躍するでしょう。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る