旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Linuxでネットワークをモニタするコマンド「ss」の使い方まとめ

2019年09月23日14時36分 / 提供:マイナビニュース

Tecmint.comは9月19日(米国時間)、「12 ss Command Examples to Monitor Network Connections」において、Linuxで利用できるネットワークソケット情報の表示コマンドであるssコマンドの使い方を紹介した。ssコマンドでよく使われるオプションなどが簡単にまとめられている。

記事で紹介されている主な使い方は次のとおり。

ssコマンドはLinuxで使われるコマンドで、他のUNIX系オペレーティングシステムには用意されていないことが多い。同様の情報はnetstatコマンドを使って取得できる。netstatコマンドはUNIX系オペレーティングシステムの多くで利用することができるが、提供されているオプションや、netstatコマンドで取得できる情報にはオペレーティングシステムごとに差がある。詳しい使い方はそれぞれのオンラインマニュアルを参照のこと。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る