旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

なんか凄そうな「Super Retina XDR」の意味は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

2019年09月19日08時00分 / 提供:マイナビニュース

「Super Retina XDR」は、iPhone 11 Pro/Pro Maxに搭載された有機EL(OLED)ディスプレイの名称です。前モデルのiPhone XS/XS Maxに搭載されていたOLEDディスプレイ「Super Retina HD」に比べコントラスト比は2倍、最大輝度は約30%向上しています。一方でエネルギー効率は15%改善されており、"見目麗しいが倹約家"なディスプレイといえるでしょう。

Retinaという言葉は、2010年発売のiPhone 4s以降、Apple製品の高精細ディスプレイに対して与えられています。直接的には網膜を意味しますが、人間の視覚が認知可能な上限とされる300ppiを超える画素密度を持つディスプレイ(Super Retina XDRは458ppi)であることを暗に示唆しています。点を点として認知することが難しいほど緻密な画像を描画できるディスプレイなのです。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る