旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

声優初挑戦の吉沢亮、高校時代は黒かった? 「リア充の悪口を…」

2019年09月17日20時01分 / 提供:マイナビニュース

映画『空の青さを知る人よ』(10月11日公開)の完成披露試写会が17日に都内で行われ、吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音、松平健、大地葉、落合福嗣、種﨑敦美、長井龍雪監督が登場した。

同作は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』を世に送り出したアニメーションチーム・超平和バスターズ(長井龍雪・岡田麿里・田中将賀)の最新作。高校2年生になる相生あおい(声:若山詩音)は姉のあかね(声:吉岡里帆)とともに暮らしていたが、ある日姉の元カレである金室慎之介(声:吉沢亮)の高校生時代=しんのが13年前から現れ、恋をしてしまう。そんな中、31歳の慎之介とあかねは久しぶりの再会を果たそうとしていた。

声優に初挑戦した吉沢は、「『あの花』も『ここさけ』も元々ファンで。参加させていただけたのは光栄なことでもありつつ、作品の邪魔をしたらいけないなという気持ちがあった」とプレッシャーを振り返る。これに対して長井監督は「何をおっしゃる、という感じですね。堂々とメインを張っていただきまして」と絶賛。「すばらしいですね。嘘じゃなく素晴らしいので、期待しててもらって大丈夫です」とアピールした。

作中では歌唱も披露するが、「ただただ音源をいただいて、男性の方が歌っているのを歌ったのですが、まさかあいみょんさんの主題歌だって知らなくて」と苦笑。予告編を見て主題歌だと気付いたようで、「え、どゆこと!? あれ主題歌!? 先言って!!」と訴える。また、作品にちなんで「青かった」エピソードを求められると、「高校時代、友達も少なくて本当に根暗な、カーストでいうと1番下の方のグループだったので、いわゆるリア充みたいな人たちの悪口をずっと言ってた」と告白する。「キラキラしているモテそうな男のことを『かっこよくねーから!』みたいな。青いというか、黒かったですね。どす黒めの青」と表していた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る