旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

成田凌『とんねるずのスポーツ王』初参戦も「アタフタしてるだけ」

2019年09月16日05時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優の成田凌が、10月12日(21:00~)に放送されるテレビ朝日系バラエティ特番『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』に初参戦する。

お笑いコンビ・とんねるずがスポーツ界のスター相手に真剣勝負を繰り広げる同特番。成田は「サッカー対決」で、日本代表チームとの対決に臨む。

小学生の頃から高校を卒業するまでサッカー部に所属していた成田は「ずっとこの番組を見ていて、 いつか出たいと思っていたのでうれしい!」と歓喜。さらに、木梨憲武から「昔、お母さんが『ねるとん』に出てたんだよ!」と明かされる。

今回は木梨、成田のほか、中山雅史氏、中澤佑二氏が参戦した“木梨ジャパン”が、日本代表チーム(乾貴士選手、宇佐美貴史選手、小林祐希選手)と、「浮島キャッチング」と「浮島PK対決」を行う。

収録を終えた成田は「ずっと見ていた人と一緒に、ずっと見ていた番組に出られるってすごい…夢みたいです」と感無量。そして「日本代表の選手の皆さんと一緒にサッカーができるって、とんでもないことですよね」と話した。

また、「僕、ときどきフットサルをやってはいるんですが、なかなか大きいボールを蹴ることがないので、サッカーボールを買って練習してきたんです。でも、練習してもそんなに簡単に上手くはいかないんだってことがわかりました。リベンジしたいです! 精神力を高めて参ります」とのこと。

そして、「普段、運動している姿をお見せする機会はあまりないんですが、今回はただアタフタしているだけの僕がそこにいます。むしろ見どころは、僕のひたすらにかっこ悪い姿だと思います」と笑顔で明かした。

木梨は「今回、この『スポーツ王』の『浮島PK対決』で、日本代表と木梨ジャパン、全員の自由演技が1つになり、ステキな作品が仕上がりました」と振り返り、「僕が体を張ったのは当たり前のこと。だって全員の作品ですから。役者さんも代表選手も元代表も芸人さんも…そして『スポーツ王』を代表して私も、みんなが1つになりました。エンディングはみんなが池に飛び込んでいるストップモーションに“2019”って入 れてほしいです(笑)」と編集を要望した。

同番組では、石橋貴明が挑む「野球対決」も放送。「リアル野球BAN 甲子園101回大会」と題して、石橋率いるチーム石橋と松井秀喜氏が率いるチーム松井がナゴヤドームで対決する。

収録を終えた石橋は「もう5回目ですから、お互いのクセがわかっている中で、どう松井くんのパワーを封じ込めるかが勝負でした。新たに谷繁(元信)くんという新しい頭脳と、現役バリバリの西岡(剛)くんというメンバーが加わり、かなり層の厚くなったチーム松井をどう抑えるかが、今日の課題でしたね」と感想。

続いて「松井くんはニューヨークから来たばかりで、時差ボケの状態だったんですけど、相変わらずスイングスピードは早いし、バッターボックスに立った時の表情は、ワールドシリーズの打席とまったく同じで…、配球するこちらからすると、ものすごい恐怖でした。僕は常にビビッていました…」と語った。

松井氏は「去年は星稜のユニフォームを着て負けたので、今年は後輩たちに恥ずかしい姿を見せないように 頑張ろうと気合いを入れて臨みました!」と振り返った。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る