旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

セブン銀行×NECが次世代の「ATM+」開発 - 顔認証で現金引き出しを

2019年09月13日10時33分 / 提供:マイナビニュース

セブン銀行は9月12日、日本電気(NEC)による世界トップクラスの認証精度を誇る顔認証技術を搭載した次世代ATM、その名も「ATM+」を開発したと発表した。今秋より順次、導入を進めていく方針だ。同日、セブン銀行とNECによる共同説明会が開催された。

○どこが変わった?ATM+

フィンテックをはじめとする技術革新により、新たな金融サービスが世の中に出始めてきた昨今。社会のキャッシュレス化により、コンビニのATM機については需要の落ち込みが指摘されているが、あえてこの時期に、セブン銀行では次世代ATMの導入に踏み切った。セブン銀行の舟竹社長が「いまこそ導入すべきタイミングだと判断した」と説明するATM+だが、従来機とはどこが違うのだろうか。

その最大の特長は、迅速かつセキュアに本人確認できるNECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を搭載したこと。NECでは(利用環境が良好であれば)99.99%以上の高い精度で、本人かどうかを判断できるとしている。顔認証が利用できるメリットは大きい。例えば本人確認書類との照合により、より安全な取り引きが可能となる。ATMだけで銀行の口座開設も行える。将来的には、銀行のカードを持っていかずとも顔認証(と暗証番号)だけで銀行口座から現金を引き出せるサービスの提供も考えているという。

くの字に曲がった、2画面一体型のディスプレイを採用した。手元の左側には「Plusエリア」と呼ばれるスキャナーが使えるコーナーがあり、QRコード、本人確認書類(運転免許証 / マイナンバーカード / パスポートなど)の読み取りが行えるほか、非接触IC(FeliCa+Type A、B)が利用できる。PayPay、LINE Payといったスマホ決済サービスにも対応し、利用者層の拡大を狙う。

共同説明会において、ATM+の機能詳細について紹介したセブン銀行の深澤孝治氏は、次世代ATMを開発した経緯について「私たちが重要視していることは、お客様のライフスタイルの変化に応じたサービスを提供すること。決済手段の多様化、認証方法の進化、ネットサービスの拡大により、消費者動向が目まぐるしく変わる時代の中で、皆様の生活の役に立つべく、ATMにも新たな機能が必要だと考えました」と語っている。

○まだまだATMは進化する

登壇したセブン銀行の舟竹社長は「コンビニに銀行があったら便利なのに、という声を受けて2001年にセブン銀行が誕生しました。『金融の近くて便利』を追求してきた、これまでの20年間でした」と振り返る。セブン銀行のATMは、いまや全国に25,000台を設置するまでに普及。金融機関615社以上と提携し、一日に約200万人の消費者が利用しているという。

「デジタル化とキャッシュレス化によりATMはオワコンだろう、という声も聞かれますが、まだまだATMは進化していきます。これからも多様なニーズに応えていきたい。デジタルとアナログを結び、バーチャルとリアルを橋渡しする存在を目指します」(舟竹社長)

また、日本電気の新野隆氏は「今回のATM+は、第4世代にあたります。これは私事になりますが、個人的には20年前の第1世代から携わっています。当時は、銀行向けATMの半分のスペースしか許されず、しかも絶対に壊れてはいけないという、厳しい要求の下で開発が進められました。必要は発明の母と言いますが、セブン銀行様との共創で、素晴らしい開発ができたと自負しています」と話した。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る