旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

レッドブルエアレース最終戦 2019年千葉大会 第1回 背水の陣からのスタートとなった室屋選手

2019年09月09日07時11分 / 提供:マイナビニュース

9月7日と8日にわたって開催されたレッドブル・エアレース2019千葉最終戦で、日本の室屋義秀選手が優勝を果たした。室屋選手は千葉での5回の大会中3回目、全レッドブル・エアレースを通算して8回目、今シーズンでは4戦中3戦の優勝。年間ポイント数では前回バラトン湖戦の優勝者、マット・ホール選手(オーストラリア)にわずか1点及ばず、2位となった。

日本の千葉戦で、室屋選手が優勝という理想的なフィナーレ。しかしその戦いはすべてのレッドブル・エアレースファンが忘れることのできない、想像を絶するドラマだった。今回から数回に分けて、歴史的一線の模様をレポートする。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る