旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ソニー新ウォークマン「ZX500」&「A100」、ストリーミング再生 / USB-C対応

2019年09月05日22時50分 / 提供:マイナビニュース

ソニーは、ドイツで現地時間9月6日より開幕される「IFA2019」に合わせて、ウォークマンの新モデル「NW-ZX500」シリーズと「NW-A100」シリーズを発表した。いずれも欧州で発売予定。

○NW-ZX500

Android OSと無線LANを搭載し、音楽ストリーミングサービスも利用可能になった新ウォークマン。データ転送用の端子はUSB Type-Cになり、従来のウォークマンで採用されていたWMポートに取って代わられている。64GBストレージを搭載した「NW-ZX507」の価格は約830ユーロ / 750ポンドで、11月に欧州で発売する。

3.6型タッチパネルディスプレイを搭載。フルデジタルアンプ「S-Master HX」により、DSD 11.2MHzのネイティブ再生や、384kHz/32bitまでのリニアPCMをサポート。アップスケーリング再生「DSEE HX」を搭載する。microSDカードスロットも備えている。
○NW-A100

ウォークマンAシリーズも前出のZX500と同様、Android OSと無線LANにより、音楽ストリーミングサービスも聴けるように進化した。16GBストレージの「NW-A105」の価格は350ユーロで、11月に欧州で発売予定。

フルデジタルアンプ「S-Master HX」により、DSD 11.2MHz(PCM変換再生)とリニアPCM 384kHz/32bitをサポート。アップスケーリング再生「DSEE HX」も搭載する。

3.6型タッチパネルディスプレイを搭載。内蔵ストレージは16GBで、microSDカードスロットも搭載。データ転送用の端子はUSB Type-C。

なお、ウォークマン40周年記念エディション「NW-A100TPS」(16GB)も、11月に約440ユーロ / 400ポンドで発売する。

クラシックなウォークマンからインスピレーションを得たカセットテープのユーザーインターフェイスを楽しめるほか、背面パネルには40周年記念ロゴをプリント。特別に設計されたソフトケースとパッケージが付属する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る