旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日立のエアコン「白くまくん」、室外機にも自動洗浄機能が付いた!

2019年09月03日21時48分 / 提供:マイナビニュース

日立ジョンソンコーントロールズ空調は9月3日、同社のエアコンの最上位機種「白くまくん」プレミアムXシリーズを発表しました。新製品の最大の特徴は、室内機だけではなく室外機の熱交換器にも熱交換器の自動清掃機能を搭載した点。また、気になるカビの発生を抑える新機能もあります。

Xシリーズは冷房能力別に6畳用から29畳用までの全11機種をラインナップ。価格はオープンで、市場推定価格は税別で250,000円(6畳用)から400,000円(29畳用)前後。発売は10月末になります。

○業界ではじめて室外機の凍結洗浄機能を搭載

エアコンといえば室内に設置される「室内機」ばかりが注目されがち。ですが、温度のコントロールには「室外機」の存在もかかせません。

室内機、室外機ともに内蔵しているのが「熱交換器」とよばれる部品。エアコンは冷房時に室内機内の熱交換器で熱を吸収し、室外機内の熱交換器で熱を発散させます。ところがこの熱交換器、効率よく熱を吸収、発散させるため金属板がパイのように何重にも重なった構造になっています。しかも板と板の間が1mmほどと狭いので、汚れが入り込むと洗うのが非常に難しい形状なのです。

熱交換器が汚れると、汚れを媒介としてカビが発生したり、熱交換器本来の目的である「熱の吸収や発散」の効率が落ちることで冷房や暖房性能が低下したり、性能低下により無駄な電気代が発生したりといった弊害があります。そこで、日立が2017年モデルから採用しているのが、熱交換器の「凍結洗浄」機能です。これは、熱交換器を急速冷却させることで大量の「霜」を発生させ、この霜を一気に解凍することで汚れを洗い流すというものです。

もちろん、熱交換器が汚れることで性能低下を起こすのは室内機だけの話ではありません。室外機の熱交換器の汚れも性能に大きくかかわってきます。そこで、新モデルのXシリーズは室外機にも「室外熱交換器自動お掃除」機能を搭載しました。同社によると、これは業界でははじめての機能だそうです。

「室外熱交換器自動お掃除」で行う動作は大きく2つ。ひとつが、エアコンを停止するたびに実行するファンの逆回転。これにより、室外機の熱交換器にはりついた、枯れ葉や綿毛などの大きなゴミを吹き飛ばします。ただし、これだけだと土埃のような細かな汚れは落としきれません。そこで、2カ月に一回の周期で、室外機の熱交換器も凍結洗浄します。

○気になるカビを365日24時間しっかりチェック

新製品のもうひとつの新機能が、365日24時間カビをチェックし、カビの発生を抑制する「カビバスター」機能です。カビバスター機能はエアコンを動作させていない場合も常に室内機内の湿度や温度をモニタリング。カビが繁殖しやすい湿度70度以上、かつ気温が5~45度以内の環境が24時間以上累積すると、カビを抑制するプラズマイオンを本体内部に充満させます。

カビが発生しやすい湿度70度以上、かつ気温が5~45度以内の環境が168時間以上続いた場合は、さらに「短時間でカビが死滅する湿度と温度」といわれる湿度40%以下、かつ温度が40度以上という環境をエアコン内に作り出します。これにより、エアコン内部に発生したカビを短時間で抑制できるそうです。

日立の調査によると、エアコンに対する不満点の1位は「暖房の電気代が高い」、2位は「冷房の電気代が高い」、そして3位は「室内機の内部の汚れが気になる」だそう。今回の新モデルは室外熱交換器の自動お掃除機能で、熱交換器の汚れが生む無駄な電気代をカット。さらに、カビバスターの搭載により、室内機内の気になるカビ汚れを抑制します。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る