旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JASRAC、結婚式で流す曲やビデオ録画に包括使用料を試験導入 - 1回につき計15,000円

2019年09月03日20時00分 / 提供:マイナビニュース

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、結婚式や結婚披露宴などブライダル目的で管理著作物を複製して使用したり、催物をビデオ録画する際の使用料について、包括的に算定し徴収するための試験的運用(実証実験)を10月1日から実施する。1催物あたりの包括使用料額は、オーディオ録音が5,000円(税別)、ビデオ録画が10,000円(同)。

結婚式や披露宴などで、JASRACが管理する音楽著作物を生演奏したり、カラオケ歌唱やBGM、プロフィールムービー上映などに利用する場合、使用料の手続きが必要となる。現在は、この手続きは新郎新婦などの個人がJASRACや日本レコード協会(RIAJ)に対して直接行うケースのほか、ホテルや結婚式場の映像・音響製作部門といったブライダル演出のための事業者(代行団体)らが行なうケースがある。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る