旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

覚えておいて会社で自慢しよう! 難読苗字クイズ

2019年09月01日08時00分 / 提供:マイナビニュース

●難読苗字クイズ
初めての相手からメールが届いたとき、「ん? この苗字、なんて読むんだ……」と困った経験はないだろうか? 何万もの苗字が存在するとあって、中には難読な漢字も多い。そんなとき、ズバッと読むことができれば、クライアントや仕事仲間たちから一目置かれるかも! ということで、ここでは5つの難読苗字をピックアップ! ぜひ読んでみてほしい。
○【Q.2】長鋪

○【Q.4】祁答院

○【Q.5】蓮實

いずれも見かけることが少ない、珍しい苗字ばかり。全部読むことができただろうか? 次のページで答え合わせ!

●正解はこちら!
○【Q.1】各務(かがみ)

「かくむ」「かかむ」「かがむ」などの複数の読みがあるそうだが、中でも「かがみ」は珍しい。岐阜県にルーツがあり、現在は全国各地でみられる。
○【Q.2】長鋪(ながしき)

「ながお」「ながほ」とも読むが、珍しいのが「ながしき」だろう。大阪府岡山県など関西で少数のみみられる苗字とのことだ。
○【Q.3】輻形(やがた)

山梨県神奈川県などにごく少数のみみられるという難読苗字。「輻」の読み方がわからずに悩んでしまった人も多そうだ。
○【Q.4】祁答院(けどういん)

鹿児島県にルーツがあるという伝統的な苗字で、今は同県や東京都に少数のみみられるそうだ。「けとういん」「きとういん」などの読みもあり。
○【Q.5】蓮實(はすみ)

埼玉県栃木県東京都などにみられるという珍しい苗字。2文字目の「實」はなかなか馴染みがない漢字とあって悩んだ人も多かったはず。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る