旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Windows 10ミニTips 第419回 妙に動作が重い? プロセスを一時停止してみる

2019年08月31日00時00分 / 提供:マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○「リソースモニター」でサスペンド

第278回でプロセスのサスペンドに関する話題を紹介した。サスペンドはOSが使用していないプロセスを一時停止するものだが、ユーザーが操作することも可能だ。まずは「リソースモニター」を使用する手順を紹介する。

○「Process Explorer」でサスペンドを解除

今度は先ほどサスペンドしたプロセスを、Windows Sysinternalsの「Process Explorer」で解除してみよう。

○コマンドラインからサスペンド

コマンドラインからプロセスの状態を操作するコマンドといえば、「tasklist」「taskkill」などがあるものの、サスペンドに対応していない。そのため、コマンドラインから操作するには、Windows Sysinternalsの「PsSuspend」を使用する。

本来はパスで実行ファイルを指定することもできるが、プロセスIDを指定した方が確実だ。なお、サスペンドからの復帰は「-r」オプションを使用する。上記の例なら「pssuspend -r 12600」と実行すればよい。

阿久津良和(Cactus)

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る