旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『鳥人間コンテスト』涙と笑顔が輝く出場者たち…青春懸けた戦いを目撃

2019年08月28日05時00分 / 提供:マイナビニュース

●着水の瞬間…なんとも言えない切なさ
自作の人力飛行機競技会『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2019』(読売テレビ・日本テレビ系、28日19:00~20:54)が、今年も滋賀県彦根市の琵琶湖・松原水泳場で、7月27・28日の2日間にわたって開催された。

初日は、動力を一切使わずグライダーのように飛行機を飛ばして距離を競う「滑空機部門」の7機目となるチームがプラットフォームに上ったところで、台風による強風で“競技続行不可能”と判断。午前中で中止になってしまったが、翌日は好天に恵まれ、文字通り暑い、熱い戦いが繰り広げられた。

マイナビニュースでは、この模様を現地で取材。そこでは、青春を懸けて参加する出場者たちの笑顔と涙が輝いていた――。

○■新MC・ナイナイ矢部「やりきれないよね」

人力を動力とするプロペラ機の距離を競う「人力プロペラ機部門」からスタートした2日目。優勝候補は、2017年に折り返しルール制定後初の最長距離・40㎞フライトを達成し、プラットホームへ戻ってくるという偉業を見せた「BIRDMAN HOUSE 伊賀」だ。この記録のため、琵琶湖の2つの島のチェックポイントをクリアし、三角形を描くコースを飛んでプラットフォームへ帰ってくるルールが新たに導入され、最長距離は60㎞に延長されている。

昨年は悪天候で競技不成立となったため、この新ルールに実質今年から挑む参加者たち。トップバッターは「東京工業大学 Meister」で、イケメンなのにバレンタインチョコをもらったことがないという土田尚樹さんがコックピットに乗り込み、午前6時14分、この日のファースト・フライトがスタートした。ここから、計11機のプロペラ機が飛び立つことになる。

長年解説を務める鈴木正人氏(大会テクニカルアドバイザー)によると、プラットフォーム上は「向かい風でほぼ無風。ひとことで言ってバツグン」とのことだったが、琵琶湖の奥に進めば進むほど、複雑な風が吹いている様子。順調にスタートしたと思いきや、機体が予想外の方向に旋回してしまうチームがあった。

陸地に着地するのは危険なため、湖岸に近づきすぎると大会本部から着水指令が出ることになっており、今年からMCに就任したナインティナインの矢部浩之も「(着水指令が出たら)やりきれないよね」と気が気でない。パイロットは何とか方向を修正しようとし、少しでも湖岸から離れると、応援団や特設スタジオから大きな拍手が起こる。

○■湖面接触から再浮上の驚異の粘り

強豪チームになれば数十kmレベルを飛ぶ「人力プロペラ機部門」は、機体の性能はもちろん、パイロットの体力が大きなポイントとなってくる。しかし、真夏の日差しが襲う中、コックピットは風の影響を最小限にする狭い密閉空間という厳しい環境下で、場合によっては数時間もペダルを漕ぎ続けなければならない。

製作に長い期間を必要とする上、着水=破壊のため一度しか飛ぶことのできない『鳥人間コンテスト』の機体は、本番同様に琵琶湖でテストフライトをするわけにはいかない。パイロットたちは一様に「実際に飛んでみると全然違いました」と、自然を相手にすることの難しさを実感していた。

体力がなくなってくると、自ずと機体の高度が徐々に下がっていく。湖面にスレスレになるたび、スタジオで武井壮が「限界を超えろ!」と気持ちを送り、プレス席からも思わず悲鳴が上がる。一度湖面に接してから再浮上するという驚異の粘りを見せるパイロットもいたが、ついに着水してしまう姿は、パイロットが最後の力を振り絞って力尽きたことが想像でき、なんとも言えない切なさだ。

スタッフに救助されると、まさに足が棒のように動かなくなるパイロットが続出。着水からしばらく時間が経って受けるインタビューでも息が切れていることから、その過酷さが伺えるだろう。

○■涙が止まらないパイロットたち

そこまで全力を尽くしたにもかかわらず、帰りを待ち受けるチームのメンバーに対し、特に学生パイロットたちは皆、「申しわけない」「本当にごめんなさい」と涙ながらに謝罪する光景が見られた。その姿はまるで、甲子園の延長戦で死闘を演じながら、サヨナラホームランを打たれて力尽きたピッチャーのよう。

それを、やはり涙で受け止め、励ます仲間たちから、この大会に青春の全てを注ぎ込んで臨んでいることが伝わってくる。

それからしばらく時間が経つと、着水して破損した機体が帰ってくる。長く美しい弧を描いていた翼がダメージを受け、陸に引き上げられる姿は、一見無残に見えるが、どのチームもメンバーたちが機体の労をねぎらうように、丁寧に回収作業を行うのが印象的だった。

●滝沢カレンが太鼓判「何億人を幸せにした」

パイロットが本番に向けて行うトレーニングの姿は、まさにアスリートそのもの。「大阪府立大学 堺・風車の会」の中村侑真さんは、練習しすぎて留年の可能性が出てきてしまったそうで、プロレスラーの真壁刀義が「脚力すごいから新日本プロレスの入門テスト受けろ!」とほれ込む場面もあった。

そんな体育会系学生と、機体製作など技術面で支える理系学生という、普通のキャンパスライフでは交わらないであろうメンバーが、同じチームで1つの目標に向かって戦うというのは、彼らにとって貴重な経験に違いない。

完全にアナログな競技でありながら、出場者や観戦者の熱量は、体力と知力を結集させて戦うという点で共通する、最先端技術の『F1グランプリ』に劣らぬと言っても過言ではないだろう。バラエティでの珍コメントでおなじみの滝沢カレンが「本当に何億人という人を幸せにしました」「すべてを持った人間はどこまでいけるのかがポイントだと思います」と評しても、あながち間違いではないと感じてしまう不思議な大会なのだ。

○■女性芸能人に会いたいためにパイロットに

どのパイロットも涙、涙で感動のフライトが続く中、「人力プロペラ機部門」で独特な存在感を放っていたのが、「京都大学鳥人間チームShootingStars」のパイロット・森本克己さん(21)。テレビに映るため、「ずっと(目の中が)ゴロゴロしてる」と言いながら、この日コンタクトデビューを果たしたといい、プラットフォームでレポーターの女性芸能人と会話したいためにパイロットになったと公言するナイスキャラだ。

今年、そのレポーターを務める乃木坂46・秋元真夏からインタビューを受けると、森本さんは「ありえない距離感!」と歓喜。「かっこいいフライトを見せてモテたい」と目標を掲げ、何度も自身のSNSアカウントをPRする姿に、矢部が「おもしろポイントトップです」と絶賛する一方、真壁は「おまえ飛ぶことに集中しろよ!」と思わずツッコミを入れる。果たして、彼の結果は。そして、他の学生と同じように着水後に涙を見せるのか…。

ナイスキャラは、「滑空機部門」にも登場。「上智大学 Flying Turkeys」は、チームの女子メンバーが皆、髪に花をつけるキラキラ系で、コックピットを製作しながらバーベキューに興じるという異色のチームだ。「鳥人間に参加してる学生はダサい人が多い」と、一石を投じる発言でスタジオをざわつかせたが、ストイックな姿勢を見せるチームが多い中で、新たな風を感じさせる。

○■大会新記録を樹立したのは…

そして、今年は「人力プロペラ機部門」で大会新記録が生まれた。

達成したのは、設計や製作も担当するパイロットの渡邊悠太さん(32)が「(機体も体も)過去最高の仕上がりと言っていい」という自信で自らの歴代最高記録突破に挑むディフェンディング・チャンピオン「BIRDMAN HOUSE 伊賀」か。

歴代2位の36kmという記録を持ち、歴代で最も寡黙なパイロット・小林和輝さん(21)を擁する「東北大学 Windnauts」か。

39回と過去最多出場を誇り、8回の優勝を重ねる名門「日本大学理工学部航空研究会」か。それとも、思わぬダークホースが現れるのか…。

今年の大会コピーは「最初は湖に飛び込むだけの大会だった。」。その通り、42回という歴史での進化を象徴するあまりに長時間のフライトのため、着水前に「滑空機部門」の飛行を何機も行ってしまう規格外ぶりを見せつけた前人未到の大記録は、ぜひ放送で見届けてほしい。

●『鳥人間コンテスト2019』数値データ
ボート:14艇(撮影や救護用など)
ジェットスキー:5艇(救護用など)
カメラ:18台(収録用カメラ+ドローンカメラ1台)、39台(機体に搭載したカメラ)
スタッフ:約500人
来場者数:7月27日10,000人、28日30,000人、合計40,000人

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る