旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

42.195キロ完走の水卜アナ「最高に楽しかった」 声援に感謝

2019年08月25日14時45分 / 提供:マイナビニュース

日本テレビ系大型特番『24時間テレビ42』(24日18:30~25日20:54)で「24時間駅伝」を開催中。25日14時18分頃、第3走者の水卜麻美アナウンサーからアンカーのいとうあさこにたすきがつながった。

『24時間テレビ』を支えてくれている人たちに感謝の思いを伝えたいと話していた水卜アナ。沿道の声援に笑顔で「ありがとう」と応え、厳しい終盤も手を振りながら走り、42.195キロを完走した。いとうへのたすきリレーでは涙し、2人で抱き合った。

その後、走り終えた感想を聞かれた水卜アナは「最高に楽しかったです」と笑顔を見せ、「『人と人』という(今年の)テーマをこんなに感じられるのがこの駅伝なんだなと思って、沿道の人もメッセージくれた人も、みんな『24時間テレビ』見てくれていて、チャリTシャツ着てくれていたり、いま何キロくらいだよって応援してくれて、その人たちの顔を近くで見られたのが本当にうれしかった。本当にありがとうございました」と声援に感謝した。

今年のチャリティーマラソンは、4人でつなぐ駅伝方式で実施。第1走者・近藤春菜(ハリセンボン)、第2走者・よしこ(ガンバレルーヤ)、第3走者・水卜麻美アナ、アンカー・いとうあさこの4人でたすきをつなぎ、ゴールの両国国技館を目指す。総合司会を務める水卜アナの参加は、駅伝スタート時に発表された。

走行距離は、春菜とよしこが32.195キロずつ、水卜アナといとうが42.195キロずつ、総走行距離は148.78kmとなる。

(C)NTV

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る