旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シグマ「45mm F2.8 DG DN」レビュー 描写に惚れる小さなレンズ

2019年08月22日06時35分 / 提供:マイナビニュース

この7月、シグマが交換レンズやミラーレスカメラの新製品群を発表しました。話題の中心は、「ポケッタブル・フルフレーム」を標榜する超小型のフルサイズミラーレス「SIGMA fp」(発売日未定)でしたが、それに装着されていた標準レンズ「45mm F2.8 DG DN」も大きな反響を呼びました。軽量コンパクトなSIGMA fpにジャストフィットなサイズ感もありますが、これまで大きく重たいレンズを中心にリリースしてきたシグマの新機軸と捉えられたこともあるでしょう。

SIGMA fpはまだ販売されていないので、今回はパナソニックのフルサイズミラーレス「LUMIX S1R」に装着し、東京五輪でカヌー・スラロームの会場となる葛西臨海公園周辺や、水上バスでたどり着ける浅草などをブラブラと撮り歩きました。

○精細な描写と柔らかなボケが好印象

45mm F2.8 DG DNを手にすると、まず造りの良さに驚きました。スムーズな動きのフォーカスリング、高級な節度感がある絞りリング、そして美しい意匠の金属製レンズフード。まるで工芸品のような仕上がりです。重さもわずか215gに抑えられていて、常にカメラに装着しておくにふさわしいパッケージングだと感じます。

レンズ構成は7群8枚で、絞り羽根枚数は7枚(円形絞り)。フィルター径は55mmで最短撮影距離は24cmと、常用レンズにふさわしいスペックになっています。「Contemporary」シリーズに属する製品なので、カメラ側の周辺光量補正や収差補正などの補正機能にもしっかり対応。マウント部にラバーシーリングが施され、簡易防塵防滴機構になっているところは評価できます。

これだけ小さく軽くても、写りは上等です。特にボケ味が柔らかく、優しい描写だと感じました。絞り開放ではノスタルジックな佇まいの写りさえ見せてくれますが、ピント面からスーッとソフトににじんでいくようなボケ味は、“ボケマスター”と称される「105mm F1.4 DG HSM」の描写を思い起こさせます。

昨秋に発表された「Lマウントアライアンス」は、ライカパナソニックシグマが「Lマウント」を採用したミラーレスカメラやレンズを出していく、という声明でした。すでに、ライカパナソニックからカメラやレンズが発売されていますが、ほとんどが性能をトコトン追求した重量級のものばかり。シグマが発表したSIGMA fpや45mm F2.8 DG DNなどの軽量コンパクトな製品は、「いつでも持ち歩きたい」という点を重視する写真ファンに高く評価されそうです。

【耳寄り情報】シグマは、45mm F2.8 DG DNなどの最新交換レンズを貸し出して体験できる「新製品貸出し体験会 2019 Summer」を開催します。8月24日(土)は原宿のsorama gallery(渋谷区神宮前)、9月7日(土)は梅田スカイビル大阪市北区)で実施します。参加は無料で、予約も必要ありません。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る