旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『仮面ライダーグリス』武田航平「終着点はまだまだ先」 完成披露イベントであふれる思い語る

2019年08月21日11時52分 / 提供:マイナビニュース

=特撮テレビドラマ『仮面ライダービルド』のスピンオフ作品であるVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』(監督:中澤祥次郎)の完成披露上映会が20日、東京・新宿バルト9にて実施され、主演の仮面ライダーグリス/猿渡一海役・武田航平をはじめとする主要キャストと中澤監督が舞台挨拶を行った。

『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』は、2018年8月に幕を閉じた特撮テレビドラマ『仮面ライダービルド』のスピンオフ作品。地球外生命体エボルトの陰謀により命を失った多くの人々を救うため、仮面ライダービルドこと天才物理学者・桐生戦兎(演:犬飼貴丈)は「新世界」を創り出すことに成功するが、そこで旧世界の記憶を持ち続けている者は戦兎、そして仮面ライダークローズ/万丈龍我(演:赤楚衛二)だけとなっていた。2019年4月に東映ビデオからBlu-ray&DVDが発売されたVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』(監督:山口恭平)では万丈龍我を主役に置き、平和になったと思われた新世界に未知の脅威が襲いかかり、ふたたび仮面ライダーたちが過酷な戦いに挑むもようが描かれた。このとき、旧世界で"人体実験"を受けた者だけが過去の記憶を甦らせる現象が起き、仮面ライダーローグ/氷室幻徳(演:水上剣星)や仮面ライダーグリス/猿渡一海(演:武田航平)たちも旧世界の記憶を取り戻した。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る