旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

若き天才ストライカーが輝きを失った理由「あのシュートさえなければ…」

2019年08月10日11時00分 / 提供:マイナビニュース

今年6月、18歳の若さでA代表デビューを果たし、スペインの名門・レアル・マドリードに移籍した久保建英より前に18歳で日本代表入りを果たした天才ストライカーが、11日に放送されるTBSのドキュメントバラエティー『消えた天才』(18:30~)に出演。高校生で日本代表入りしたにも関わらず、その後、一度も代表に選ばれることなく姿を消した理由に迫る。

天才は高校3年で20歳以下の日本代表に招集され、国際大会でハットトリックを達成。その得点力が認められ、元日本代表監督の岡田武史ら実業団に所属する20代の選手が名を連ねる中、天才は唯一高校3年で代表入りを果たした。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る