旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大容量ファイルを誰にでも送れる「Dropbox Transfer」ベータ版提供

2019年07月11日12時03分 / 提供:マイナビニュース

Dropbox Japanは7月10日、「Dropbox Transfer」ベータ版の提供を開始したと発表した。

同サービスは、最大100GBのファイルを数クリックで送ることができるもの。PC内のファイルをドラッグ&ドロップでアップロードして送信できることに加え、Dropboxに保存されているファイルなら指定すればリンクが生成されるので、そのリンクを相手に渡すだけで送信が完了する。リンクは、Dropboxアカウントを持っていないユーザーにも渡すことが可能。

「Dropbox Transfer」には、ファイルへのアクセスを管理し、ダウンロードを促すために、パスワードと有効期限を設定する機能も用意されている。リンクを送信した後でもパスワードの追加、変更、削除、また有効期限の設定と変更が可能。

そのほか、相手がファイルを受け取ったかどうかを確認できるダウンロード通知機能や、ファイルがダウンロードされた回数を示す統計機能もある。

さらに、背景色とアートワークが変更できる独自のダウンロードページを作成できる。独自の画像のアップロードに対応しているほか、企業のロゴを挿入することもできるため、費用をかけず、独自のファイル転送ソリューションを運用しているかのように見せることが可能。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る