旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

カレー沢薫の時流漂流 第49回 「毎月50万円」と「出勤してえらい」、明暗はなぜ分かれた

2019年07月01日12時00分 / 提供:マイナビニュース

阪急電鉄と企業ブランディング会社「パラドックス」がコラボした車内広告企画が炎上し、を阪急電鉄は企画を中止、謝罪をする自体となった。

定期的に炎上する企業広告だが、その燃え方は、特定のものを著しく侮辱していたり偏見が強すぎたりする「差別型」や、「これ、はいてないよね?」というような、公共の場に出すには性的すぎる「わいせつ型」、そして、発信者と受信者との間に光年レベルの距離がある「認識のズレ型」がある。今回の炎上は認識のズレ型にあたるだろう。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る