旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

減速する半導体製造装置市場 - SEMIが2019年第1四半期の出荷額を公表

2019年06月07日07時18分 / 提供:マイナビニュース

米国に本拠を構える世界規模の半導体製造装置・材料業界団体である国際半導体製造装置材料協会(SEMI)および日本半導体製造装置協会(SEAJ)は6月3日(米国時間)、2019年第1四半期の半導体製造装置出荷額が、前四半期比8%減、前年同期比19%減の138億ドルとなったことを発表した。

地域別では、台湾のみが前四半期比36%増の38億1000万ドルとプラス成長を達成。9四半期ぶりに地域別1位の市場となった。米中貿易戦争の只中にある中国は同13%減の23億6000万ドルと2桁のマイナス成長ながらも市場規模では3位を維持した。一方で日本は同41%減の15億5000万ドルとなり、これまで5位につけていた北米市場に抜かれ、5位に後退した。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る