旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

二階堂ふみ、朝ドラヒロイン決定もドッキリ疑う「昨日聞いたばかりで…」

2019年06月03日18時35分 / 提供:マイナビニュース

女優の二階堂ふみが、2020年度前期NHK連続テレビ小説『エール』で窪田正孝演じる主人公の妻となるヒロインに決定し3日、東京渋谷の同局で行われたヒロイン発表会見に出席。前日に出演決定を知らされたばかりで、「ウソなんじゃないかと思った」とドッキリを疑ったと打ち明けた。

朝ドラ102作目となる『エール』は、全国高等学校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの歌「六甲おろし」など、スポーツシーンを彩る応援歌の数々を手掛けた福島県出身の作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽とともに生きた夫婦を描く物語。古関氏をモデルにした主人公・古山裕一の妻となる関内音役に二階堂ふみが決定した。

二階堂は「朝ドラでやるという聞いた時からこの作品に携われたらいいなと思っていました」と告白。「苦悩もありながら、いろんな方に元気を与えてきた方の奥さんという役だったので、その隣で一緒に支え合って生きる女性を演じたいと思いオーディションを受けさせていただきました」と話した。

全国から2802人が応募したオーディションでヒロインに決定。「実は昨日結果を聞いたばかりで、本当なのかな、ウソなんじゃないか、歩いていて落とし穴とかあったらどうしようと思っていたんですけど、ここに立ってご挨拶をさせていただいて、本当にこの作品に携わることができるんだとうれしい気持ちでいっぱいです」と心境を語り、「窪田さん演じる裕一さんを1年間、明るく元気に支えられたらと思います」と意気込んだ。

会見には、主演の窪田、制作統括の土屋勝裕氏も出席した。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る