旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Amazonが子ども用タブレット「Fire HD 8 キッズモデル」、15,000円弱

2019年03月07日10時00分 / 提供:マイナビニュース

Amazon.co.jpは3月7日、子ども向けのAmazon Fireタブレット「Fire HD 8 キッズモデル」を発表しました。価格は14,980円(税込)で、3月19日に出荷を開始する予定です。

Fire HD 8 キッズモデルは、Amazon.co.jpがすでに販売している「Fire HD 8」「Amazon キッズカバー」がセットになったパッケージです。カバーはピンクとブルーを選べます。

外側に保護カバーを装着しているため、堅牢な外観です。Amazonの担当者によると、「(少しくらいなら)落としても平気」とのこと。さらに2年間の保証もついており、万が一タブレットが壊れても無償交換してくれるのが嬉しいところです(故意に壊した場合などは対象外)。子どもが成長したらカバーを外し、通常のFireタブレットとして使うことも可能。子どもの成長に合わせて長く使うのもアリでしょう。

Fire HD 8 キッズモデルの購入者は、Amazon.co.jpが提供する子ども向けのサブスクリプションサービス「FreeTime Unlimited」を1年間、無料で使えます(Amazonプライム会員の場合、通常は月額480円かかる)。

FreeTime Unlimitedは、子ども向けアプリ、ビデオ、本を楽しめる月額サブスクリプションサービス。絵本や知育コンテンツ、教育マンガ、ビデオなど、さまざまなコンテンツをラインナップしました。1つのAmazonアカウントから最大4つのプロファイルを作れ、端末で自由にプロファイルを切り替えられます。

Fire HD 8 キッズモデルでは、保護者が子どものアプリやビデオの利用時間を管理できる専用アプリ「FreeTime」もプリインストールしています。FreeTimeの年齢フィルターを設定すると、FreeTime Unlimited内のコンテンツから、子どもの年齢に合わせたものをそろえてくれます。保護者はFreeTimeから、子どもに使ってほしい本やアプリ、ビデオなどのコンテンツを選択し、追加することも可能です。FreeTimeの設定を変えるにはピンコード入力が必要なため、子どもが勝手にアプリやビデオの制限を変えてしまうのでは……、という不安を拭えそうです。

子どもと保護者で、同じAmazonのFireタブレットを使っていると、おすすめされるコンテンツが子ども向けのものと、大人向けのもので混ざってしまいます。また、保護者が目を離している間に、子どもがタブレットでなにをしているのかも気になると思います。こうしたお悩みは、Fire HD 8 キッズモデルを導入することで、解決できるのではないでしょうか。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る