旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ダンサー菅原小春、『いだてん』で初演技「言葉ではなく体で」

2019年03月05日14時01分 / 提供:マイナビニュース

現在放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(毎週日曜20:00~)に、寺島しのぶ、黒島結菜、菅原小春、柄本佑が出演することが5日、明らかになった。4人は、主演の中村勘九郎とともに、東京渋谷の同局で行われた取材会に出席した。

世界的に活躍するダンサーの菅原は、日本人女性初のオリンピック選手・人見絹枝役として出演。「初めてお芝居をやらせていただきます」と、芝居初挑戦となる。

菅原は「日本では浮いてしまうような体型や骨格や筋力を持っていますが、世界に飛び出したときに普通だと感じた。だったら思いっきりやってしまおう、というのが人見さんに通じる」と語り、「役作りなど初めてなのでわからないですが、言葉ではなくて、胸に抱いている隠し切れない思いを体でぶつかるということができたらいいなと思います」と意気込んだ。

今回発表されたのは、4月以降の第2章に出演するキャスト。明治から大正へと時代が変わり、ストックホルム五輪後、中村勘九郎演じる金栗四三が、次の五輪を目指しながら、教師として後進の育成に力を注いでいくという展開となる。

寺島は、東京女子高等師範学校の助教授・二階堂トクヨ、黒島は、四三の教え子・村田富江、柄本は、シマ(杉咲花)の夫・増野を演じる。そのほか、板尾創路、夏帆、イッセー尾形の出演も発表された。

宮藤官九郎が脚本を手掛ける同作は、日本が初参加した1912年のストックホルム五輪から1964年の東京五輪までの“知られざるオリンピックの歴史”を描く物語。中村勘九郎と阿部サダヲがリレー形式で主演を務め、中村は日本初のオリンピック選手・金栗四三、阿部は日本水泳の礎を築いた田畑政治を演じる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る