旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

海外勢は次世代カメラで勝負、ぶれない動画カメラやスタビライザー

2019年03月03日17時36分 / 提供:マイナビニュース

一眼レフやミラーレスばかりがカメラではありません。CP+では海外メーカーブースを中心に、全天球カメラやドローン、アクションカム、スタビライザーなどが注目を集めていました。ここでは、会場で見かけたそれらの次世代カメラを中心に紹介したいと思います。

全天球カメラといえば、リコーの「THETA」(シータ)シリーズが代表的な存在です。今回のCP+では、久々の新製品であるフラグシップモデル「THETA Z1」が展示されています。1インチの裏面照射型CMOSセンサーを2基搭載しており、1/2.3インチセンサーの従来モデルと比べて大幅な高画質化を図りました。これまでのTHETAでは画質の不満を感じていたユーザーには、特に注目の全天球カメラといえます。

ドローンで有名な中国DJIは、同社が得意とするジンバル(スタビライザー、ぶれ抑制装置)を搭載した小型動画カメラ「Osmo Pocket」を展示して人気を集めていました。歩きながらの撮影でも、不快な揺れやぶれをしっかり補正して記録できるのが特徴。さらに、手のひらサイズのコンパクトボディーに仕上がっているのも本機の特徴で、カメラを持っていない若年層にも注目されています。

同じDJIのブースには、民生用ドローン「Mavic 2」シリーズも展示されていました。1/2.3インチCMOSセンサー+光学2倍ズームレンズを搭載した「Mavic 2 Zoom」と、1インチ裏面照射型SMOSセンサーと単焦点レンズを搭載した「Mavic 2 Pro」の2機種です。前者は「ドリーズーム」などの特殊な撮影効果が楽しめ、後者は大型のイメージセンサーで写真愛好家も納得の写りが得られます。“空飛ぶカメラ”として存在感を高めたシリーズといえます。

手持ちのスマートフォンやデジタル一眼を装着して撮影時のぶれや揺れを抑制するスタビライザーは、中国系のメーカーが多彩な製品を展示していました。「Ronin 2」をリリースするDJIのほかに、ZHIYUNやFEIYUTECHがブースを構えていました。

ZHIYUNは、スマートフォンからミラーレス、さらにプロ用の本格派モデルまで、スタビライザーを専門にリリースするメーカーです。会場での注目はスマートフォン用で、特にホワイトカラーの製品が女性の注目を浴びていました。

FEIYUTECHもジンバルを専業とするメーカーで、こちらもスマートフォン用から一眼レフ用まで幅広い製品をアピールしていました。

FEIYUTECHのもうひとつの注目は、「RICCA」と名付けられたアクションカメラ。防塵防滴のアルミ製ボディーを持ち、タッチ式のディスプレイを搭載するなど、操作性にこだわったモデルとなっています。いまやアクションカメラでは必携となった電子式のブレ補正機能を搭載しているほか、底部には三脚ネジ穴を装備し、装着方法を選びません。発売に向けて現在調整中のため、価格や発売時期などは未定とのことです。とはいえ、GoProの「HERO7 Black」の対抗となる高性能モデルして期待できるアクションカメラのように思えました。

デジタルになり、そしてミラーレスの登場により、写真と動画の垣根がたいへん低くなりました。次世代カメラと言われるものは、ほぼどちらも撮れるものと述べてよいでしょう。このジャンル、今後も大いに注目です。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る