旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大原優乃、「カバーガール大賞」受賞に喜び! 美ボディ輝く表紙を振り返る

2019年03月04日00時00分 / 提供:マイナビニュース

元Dream5でグラビアアイドル・女優の大原優乃が、2018年に発売された雑誌の表紙を飾った回数が最も多かった女性タレントを表彰する「第5回 カバーガール大賞」で大賞に輝いた。

3月4日「雑誌の日」を記念した同賞は、オンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約1万誌を調査し、表紙を飾った回数の多かった女性を表彰するというもの。

大賞およびグラビア部門、10代部門を制したのは、2016年までDream5としてNHK紅白歌合戦にも出場し、活動終了後、一昨年よりグラビアデビューしたばかりの大原優乃。持ち前のFカップのたわわボディを武器に、グラビアデビュー作『週刊プレイボーイ』(集英社)から『FRIDAY』(講談社)や『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)、『週刊アスキー』(KADOKAWA)などの表紙を飾っている。2018年にはドラマデビューをし、現在放送中の日本テレビ系ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』では、オペラを披露して「うますぎる」とネットで話題になった。

大原は「写真集を出すっていう目標を昨年の3月に叶えることができたので、次の目標何にしようって考えてるときに、1番にこのカバーガール大賞さんで賞を取りたいっていう目標を作って、ファンの皆さんにも初めて自分の目標を公言したんですけど、一緒にこうみなさんと頑張れて取ることができたので本当にうれしいです」と喜びのコメント。

受賞の要因を聞かれると、「いつも心がけていたのが、前回の撮影よりも絶対に超えるという目標があって、いつも同じ表情になってしまうと見てくださってる方が飽きちゃうんじゃないかなって思ったので、大人っぽく大胆な自分になってみようって思ったりとか、もうすごい無邪気にはしゃごうっていう日もあったりとか、ふり幅を出せたらいいなっていう意識はしてました」と話した。

撮影のためのケアについては「パーソナルトレーニングに通ったりとか、ですかね」と答え、「私はお尻がないのでお尻を鍛えています。スタッフさん方って本当に小さな変化にも気づいて言ってくださるので、それはすごいうれしいです」とお尻を鍛えていることを告白。また、2018年を「カバーガール大賞を取るっていう目標に支えられて頑張れた一年だったなってすごく思います」と振り返り、「昨年はいろんな挑戦をさせていただいたので、今年はお芝居により触れる一年にしたいなって思います」と今年の抱負を語った。

○「第5回 カバーガール大賞」受賞者一覧

【大賞】大原優乃
【エンタメ部門】 齋藤飛鳥(乃木坂46)
【コミック雑誌部門】浅川梨奈
【ファッション部門】井川遥
【グラビア部門】大原優乃
【話題賞】ELLE JAPON/Koki,(7月号)
【10代部門】大原優乃
【20代部門】 吉岡里帆
【30代部門】 石原さとみ

提供:カバーガール大賞/カバーガールTV
Copyright(c) Fujisan Magazine Service Co., Ltd. All Rights Reserved.

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る