旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

最大985MB/s!! 次世代microSDカード「microSD Express」は2020年にも登場か

2019年03月02日06時00分 / 提供:マイナビニュース

SDアソシエーションは、MWC19 Barcelona開催に合わせて、次世代SDカード規格「SD 7.1」を発表しました。その中で、次世代microSDカードの規格となる「microSD Express」を新たに追加しました。

○PCIe/NVMe対応の超速いmicroSDカード

microSD Expressは、2018年6月に発表されたSDカード規格「SD 7.0」の中で追加された「SD Express」を、microSDに落とし込んだものです。

インターフェイスの仕様は、SD Expressとまったく同じです。接続インターフェイスにPCI Express Gen3 x1、プロトコルとしてNVM Express 1.3に対応していて、データ転送速度は最大985MB/sを誇ります。また、マルチキューイングによるデータ処理に対応しているため、メモリカードに起因するボトルネックも解消されるとしています。

○シーケンシャルリード/ライトで最大984MB/s

MWC19 BarcelonaのSDアソシエーションブースでは、SD 7.1に準拠するPhision Electronics製のSDカードコントローラの仕様が公開されていました。NANDフラッシュメモリにTLCまたはQLC仕様の3D NANDを利用して、NANDとの接続チャネルが2本、接続インターフェイスがPCI Express Gen3 x1となることで、シーケンシャルリード、ライトともに984MB/sと、規格のほぼ上限の速度が実現されるとのことです。

また、ブースでは標準サイズのSD Express対応カードのベンチマークテストの結果が示されていました。規格上の速度には届いていませんでしたが、シーケンシャルアクセス、ランダムアクセスともに従来のSDカードとは比較にならない速さが確認できます。もちろん、microSD Expressもこれと同じ速度になるとのことです。

○早ければ2020年に登場、ドローンやIoT用途を想定

今回は、microSD Express対応カードの実物が展示されていませんでしたので、実際に確認できてはいませんが、SD Expressカード同様に、UHS-II用の端子として使われていた部分に、microSD Express用の端子が配置されることになります。

壁に掲載されていた写真を見ると、カード側の端子はUHS-II対応のmicroSDカードから変更が加えられて、端子が1本増えていることがわかります。

ただ、UHS-IIとの互換性は失われますが、UHS-I以下との互換性は確保されますので、microSD Express非対応のmicroSDカードスロットでもデータの読み書きが可能となります。

SDアソシエーションはこのmicroSD Expressについて、8Kビデオ録画や360度VR/AR、IoT、高解像度3Dゲーム、車載システムといった、大容量のデータを扱う必要のある用途での利用を想定しているそうです。そして、実際の対応製品については、早ければ2020年ごろから登場してくるのではないか、とのことでした。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る