旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

アズジェント、無害化ソリューションの管理機能を大幅に強化

2019年02月28日12時40分 / 提供:マイナビニュース

アズジェントは2月28日、同社が販売する無害化ソリューション「Votiro Disarmer(ボティーロ ディスアーマー、旧名称Votiro Secure Data Sanitization)」をVer.8.2にバージョンアップし、管理機能が強化されたことを発表した。

Votiro Disarmerは、外部から入ってくるあらゆるファイルを無害化するソリューション。Office、一太郎、PDF、CADなど様々なファイル形式に対応している。

今回のバージョンアップでは、管理機能が強化されている。従来は無害化ポリシーをXML形式で記載する必要があったが、管理画面をGUI化することでファイルタイプによるアクション(無害化する、無害化しない、ブロックする等)を簡単に設定できるようになった。特定のメールアドレスから添付ファイルを受信した際には無害化を行わないといった、例外処理も行える。

また、ポータル画面で無害化処理したファイル数、ファイルタイプ、無害化処理時間の平均時間といった統計状況を表示することで、組織内の無害化状況を簡単に把握可能になった。

さらに、無害化したファイルのオリジナルファイル(アーカイブされた無害化前ファイル)を最新のウイルス定義ファイルで定期的に再スキャンし、マルウェアが検知された場合に管理画面に表示する。これにより、管理者はVotiro Disarmerが防いだゼロデイ攻撃を把握できるという。

このほかにも、パスワード付き圧縮ファイルへの対応やURLレピュテーション機能の搭載、対応ファイルタイプの追加(日本独自のCADフォーマットJWW、およびSXF(SFC、P21))、製品のアーキテクチャ変更による無害化プロセスの処理パフォーマンスおよび安定性が向上などが図られている。

販売価格は、Votiro Disarmer Email Connector(E-mail連携)が627万円~(初年度保守込、税別)、Votiro Disarmer File Connector(ファイルサーバ連携)が322万円~(初年度保守込、税別)、Votiro Disarmer Web Service(Web API連携)が322万円~(初年度保守込、税別)。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る