旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『仮面ライダービルド』犬飼貴丈が主演『GOZEN』映画ヒロインに優希美青、歴代ライダー&戦隊キャストも

2019年02月27日13時00分 / 提供:マイナビニュース

東映の塚田英明プロデューサー、大森敬仁プロデューサーたちが手がける新プロジェクト「東映ムビ×ステ」の第一弾、映画『GOZEN -純恋の剣-』 のヒロイン&映画『GOZEN -純恋の剣-』・舞台『GOZEN -狂乱の剣-』 の主演、さらには追加キャストが発表された。

本作の主人公・青山凛ノ介を演じるのは、『仮面ライダービルド』で主人公の桐生戦兎を演じ、NHK連続テレビ小説『なつぞら』への出演も決定するなど大活躍中の犬飼貴丈。幕府隠密であり密命を帯びて暗躍する凛ノ介が恋に落ち、自身の使命との狭間で苦悩することになる"運命のヒロイン"神谷八重を、第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン2012グランプリの優希美青が演じる。

『大全力失踪』(2019年4月~放送開始/NHK BSプレミアム)や『うちの執事が言うことには』(2019年5月公開)など話題作への出演が続く優希は今回、10代最後の節目に、時代劇映画のヒロインに初挑戦。不治の病に侵されながらも人生を賭けて、主人公・凛ノ介との恋に身を焦がす武家の娘を可憐に演じている。凛ノ介はなぜ御前試合に出ることになったのか? 優希演じるヒロイン・八重が、その鍵を握っているという。

さらに、すでに発表されている、武田航平、前山剛久、井澤勇貴、松本寛也、井俣太良、元木聖也、矢崎広に加え、追加キャストも解禁。小野塚勇人(『仮面ライダーエグゼイド』)、町井祥真(『仮面ライダーエグゼイド』)、松村龍之介(舞台「戦国BASARA」シリーズ)、菊地美香(『特捜戦隊デカレンジャー』)、久保田悠来(『仮面ライダー鎧武』)、波岡一喜(「探偵はBARにいる」シリーズ、「図書館戦争」シリーズ、『仮面ライダー鎧武』)らテレビ・映画・舞台で活躍する人気のキャストがそろった。また、大島蓉子、冨家規政、福本清三ら実力派俳優が脇を固める。

また、映画と同じ作品世界で描かれる舞台に出演するキャストも解禁。主演の望月八弥斗を演じるのは、ミュージカル『薄桜鬼』、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の矢崎広。そして、御前試合出場者として発表されている元木聖也、前山剛久、井澤勇貴、松本寛也、井俣太良が出演し、今回新たに松村龍之介、波岡一喜ら人気のキャストの出演が明らかになった。舞台では、さらに追加キャスト発表も控えているという。映画から舞台へどのように連動するのかも本作のみどころの一つとなっている。
○優希美青(神谷八重役)コメント

時代劇はいつかまたやりたいと思っていたので、『GOZEN -純恋の剣-』の出演が決まった時は凄く嬉しかったです。武家時代ならではの純愛を演じられたらなと思って頑張りました。
カッコいい御前試合のシーンと、純愛のシーンと、見どころがいっぱいあり、どの世代の方にも楽しんで頂ける映画になっていると思います。私も今から完成が楽しみです。

映画『GOZEN -純恋の剣-』は2019年夏公開予定、舞台『GOZEN -狂乱の剣- 』は2019年秋上演となっている。

(C)2019 toei-movie-st

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る