旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

クレアフォーム、生産現場向け3Dスキャニング座標測定装置「CUBE-R」を発売

2019年02月25日20時07分 / 提供:マイナビニュース

アメテック クレアフォーム事業部は2月25日、生産現場での高速かつ高精度の自動計測を実現する3Dスキャニング座標測定装置(CMM)「CUBE-R」の販売を、日本および東アジアの製造業向けに2019年3月5日より開始することを発表した。

CUBE-Rは、最大0.030mmの精度と最大0.050mmの解像度を実現した光学3D測定スキャナ「MetraSCAN 3D-R」をロボットに搭載し、自動写真測量方式の光学式トラッカーとのキャリブレーションを自動で行うキットを、約4.1m四方の工業用セル内に組み込むことにで、3mまでのサイズの対象物の計測を、高速かつ高精度に、しかも完全自動で行うことを可能とした自動品質測定システム。7本のレーザークロスにより、前世代比12倍の速度となる48万測定値/秒という高速な3Dスキャン測定を、人の手を介することなく、自動計測できるターンキーソリューションで、24時間稼働による人件費削減を実現しつつ、人気の高い独自の3Dソフトウェアプラットフォーム「VXelements」により、リアルタイムに可視化して三次元データ化することが可能となっている。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る