旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ランチ難民を救う! オフィスで使えるデリバリーサービス最前線 第17回 あなたのオフィスにちっちゃなローソンがやってくる! 「プチローソン」

2019年02月21日11時00分 / 提供:マイナビニュース

「ランチタイムはどこのお店も混雑しているけど、いちいち並んでる時間なんてない」「お昼の時間ぐらいゆっくり過ごしたい」「昼食でも身体にいいメニューを選びたい」……このように、都心部のオフィス街には「ランチ」に関する悩みを抱えたビジネスマンが溢れかえっている。「ランチ難民」という言葉が生まれてしまうほどその現状は深刻だ。本連載では、この問題を解決するべく、オフィスで活用できるさまざまなサービスを紹介していく。

○電子マネーで手軽にローソンの商品を購入!

今回紹介するのは、オフィスに“ちっちゃなローソン”がやってくる、「プチローソン」というサービス。ローソンの商品を収納するボックスを無料で設置し、セルフレジで販売するという形態のサービスだ。

同サービスではお菓子類を中心に、ドリンクやアイスクリーム、日用品など、ローソン側がセレクトした商品をラインアップ。お菓子ボックスに加え、オプションとして冷蔵庫や冷凍庫、コーヒーマシンも設置できるという。

設置場所さえ用意すれば、ユーザー側が負担するのは電気代と水道代のみ。現在、対応エリアは東京23区限定となっている。利用人数の目安は原則100人以上としているが、その人数に満たなくても導入できるケースもあるそうなので、気になった方はまず問い合わせてみよう。

また、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーで決済が可能というのも同サービスの大きな特徴(現金決済は不可)。

利用方法は、購入したい商品のバーコードを備え付けのバーコードリーダーで読み取る→商品名と金額を確認して購入ボタンをタッチ→交通系電子マネーを読み取り機にかざす→決済情報が表示されたら完了ボタンをタッチして終了、という流れとなっている。

同社がプチローソンを展開していく中で、路面店とは売れ筋商品が異なるなど興味深い事例も。なぜかカップタイプのアイスの売れ行きが不調であったり、ビジネスホテルへ設置した際は、部屋での宴会を予測して缶詰を取り揃えたら売上げが伸びたりと、当初は戸惑いながらも同サービスの提供によって新たな発見があったそう。

働き方改革の一環としてプチローソンを導入する企業も増えており、同サービスを社員のコミュニケーションツールとして活用するケースも少なくないとのこと。ある企業では、オフィスの移転にともなって社内の改革案をアンケートで集めたところ、プチローソンの設置要望が1位となったというエピソードもあり、社員側からの関心が高まっている様子もうかがえる。

現在は共同運営をしている企業からプチローソンへの配送を行っているが、今後は各設置先の近隣のローソンから配送する仕組みも導入予定だ。

低糖質な食品をはじめ健康系の商品も多数提供しており、今後も幅広い層からの支持を集めそうなプチローソンから目が離せない。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る