旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

NTTデータ、エッジ領域でのIoTとAIを活用した機械監視・設備保全サービス

2019年02月15日15時51分 / 提供:マイナビニュース

NTTデータは2月15日、米FogHorn Systemsとの日本国内におけるパートナー契約を締結し、エッジ領域でのIoTとAIを活用したコンサルティングおよびインテグレーションサービスの提供を同日より開始すると発表した。

このサービスでは、主に製造業、通信業、エネルギー産業などを対象として、機械監視・設備保全を提供。IoTにおいてエッジ側でAI処理ができる「エッジインテリジェンス」製品のFogHornを活用する。これにより、リアルタイムにデータを整形・ひも付けすることにより、異常検知や予兆把握が可能になるという。

NTTデータは、エッジインテリジェンスを含むAIおよびIoT領域において、2020年度までに、売上を500億円規模に拡大することを目指す。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る