旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

NTT Com、「ID Federation」でスマホによる生体認証が可能に

2019年02月13日16時19分 / 提供:マイナビニュース

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は2月13日、同社が提供する認証サービス「ID Federation」において、国際標準規格FIDOに対応した「生体認証メニュー」の提供を開始したことを発表した。

「ID Federation」は、さまざまなサービスへのシングルサインオン、多要素認証やソーシャルログインなどによる利便性・セキュリティの強化を可能にするサービス。

提供を開始した「生体認証メニュー」は、ID Federationにおいて、パスワードなしで顔認証、指紋認証、声紋認証のいずれかを用いてログインを可能にするサービス。

ID/パスワードの入力が不要となるため、パスワードを忘れる心配や管理の手間からも解放されるうえ。認証は瞬時に完了するためサービスをスピーディーに利用できる。

生体認証の機能は専用アプリによって提供されるため、認証用の専用機器が不要なだけでなく、端末に生体認証機能がない安価なスマートフォンでも利用が可能。システム開発やサーバーの構築なども不要なため、低コストで導入できる。

また、生体情報を端末内にのみ保存しサーバーでの保管は行わないため、セキュアな認証が可能。利用者本人が所有する端末に結びついた暗号化鍵情報と、利用者本人であることを証明する生体情報とを併用することで、きわめて強固なセキュリティを実現できるということだ。

利用準備は、スマートフォンに「ID Federation生体認証メニュー」アプリをインストールした後、顔や指紋などの生体情報を登録することで完了する。その後、「ID Federation」を連携させたWebサービスやアプリケーションのログイン時にスマートフォンで生体認証を実行することで、ログイン可能となる。

今後は、一般消費者向けのWebサイトなどを提供する企業向けに、利用者の利便性の向上や、ID/パスワード忘れによって利用を諦めるケースを防止できるサービスも提供していくという。また、NTT ComのAIや音声認識技術と組み合わせることで、コールセンターソリューションの機能として活用いただけるような開発などを提供していくとしている。

なお、「生体認証メニュー」の利用料金および申し込み方法は、NTT Comの営業担当者まで問い合わせのこと。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る