旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『はじこい』横浜流星、お風呂上がりシーンで鍛え抜かれた肉体美披露

2019年02月10日11時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優の横浜流星が、12日に放送されるTBS系火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(毎週火曜22:00~)の第5話で、鍛え抜かれた肉体美を披露する。

隔月刊『クッキー』(集英社)で連載中の持田あき氏による同名漫画を原作とする同作は、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子が、タイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。主人公の春見順子を深田が演じ、順子にアプローチするタイプ違いの3人の男性を永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じている。

四角関係の恋愛模様はもちろんのこと、物語のもう一つの軸となっているのが、順子の教え子・匡平(横浜)の東大受験。順子(深田)と二人三脚で東大合格へ向けて勉強に励む匡平だが、第4話で見せた王子キャラが話題となった。また、どんなにアプローチをしても気が付かない超鈍感な順子に「先生、俺にもご褒美ください」ともたれかかるシーンは女性たちのハートをがっちりとつかみ、“ゆりゆり”がYahoo!リアルタイム検索の検索ワードランキング1位となり、Twitterでも“横浜流星”と“ユリユリ”がトレンド入りを果たすなど大きな反響を巻き起こしている。

2月12日放送の第5話では、参考書を取りに順子の自宅へ向かう順子と匡平は、自宅近くで順子の母親・しのぶと遭遇する。しのぶは匡平を見るや否や順子に辛辣な言葉を浴びせ、順子は匡平を守るため、しのぶに声を荒げる。その様子を目の当たりにした匡平は、順子を心配するあまり初めて順子に電話をかける。

お風呂上がりに順子へ電話をかけるそのシーンで、横浜は鍛え抜かれた肉体美を披露。中学3年生の時に「国際青少年空手道場選手権大会」で優勝し、極真空手世界一の称号を持つスポーツ男子である横浜の美しい肉体と、順子を気遣う言葉に注目だ。

(C)TBS

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る