旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ロジクール、新開発のドライバーとイヤーパッド採用ゲーミングヘッドセット

2019年02月06日20時11分 / 提供:マイナビニュース

ロジクールは2月6日、ゲーミングブランド「ロジクールG」より、ゲーミングヘッドセットの新製品4モデルを発表した。いずれも2月26日に発売する。

今回発表されたのは、ワイヤレスヘッドセット「G933s」、有線ヘッドセット「G633s」「G431」「G331」の4モデルで、このうち「G933s」と「G633s」は上位モデル、「G431」「G331」は機能を絞り、価格を抑えたモデルとなる。

参考価格は、G933sが税別21,500円、G633sが税別17,880円、G431が税別11,130円、G331が税別9,130円。
○ロジクール G933s / ロジクール G633s

G933sではイヤーパッドを従来のメッシュ素材から、合皮製に刷新。柔らかい着け心地で、締め付け感を抑えるという。一方のG633sではメッシュぞ材となる。

また、新開発の「Pro-Gオーディオドライバー」を採用。前モデルから口径を10㎜サイズアップすることで、より迫力のある音を実現するほか、メッシュ構造によってノイズの低減と低音の強化を図っている。

管理ソフトウェア「Logicool G HUB」をインストールしたPCと組み合わせて、DTS Headphone:X 2.0をサポートする。イルミネーション機能「LIGHTSYNC」にも対応し、ゲーム内のアクションに連動したライティングが可能だ。

マイクはノイズキャンセリング機能を搭載。使わないときにはヘッドセット内に収納可能で、このときに自動的にミュートされる。

主な仕様は、ドライバーユニットがPro-G 50mmドライバー、感度が93dB SPL/mW、周波数特性が20Hz~20kHz。インピーダンスが39Ω(パッシブ)/5kΩ(アクティブ)。接続インタフェースは、G933sが2.4GHzワイヤレス/3.5㎜ステレオミニ、G633sがUSB/3.5㎜ステレオミニ。

G933sのバッテリー駆動時間は、ライトなしの状態で約12時間、ライトを付けた状態で約8時間。本体サイズはW188×D87×H195㎜、重さはG933sが379g、G633sが344g。
○ロジクール G431 / ロジクール G331

Pro-Gではないが、50㎜の大口径ドライバーを採用するほか、イヤーパッドは上位モデルと同じ合皮製となっている。G431はインタフェースとして、USB/3.5㎜ステレオミニに対応、USB接続時には7.1chのバーチャルサラウンド機能が利用できる。一方のG331は3.5mmステレオミニプラグのみで、サラウンド機能は非搭載となる。

主な仕様は、ドライバーユニットが50mmドライバー、感度が107dB SPL/mW、周波数特性が20Hz~20kHz。インピーダンスが39Ω(パッシブ)/5kΩ(アクティブ)。

本体サイズはW172×D81.7×H182㎜、重さは259g。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る