旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

新田真剣佑、初対面の人にはハグ! 高杉真宙に提案&北村匠海との思い出語る

2019年02月05日20時37分 / 提供:マイナビニュース

俳優の新田真剣佑が5日、都内で行われた映画『十二人の死にたい子どもたち』(公開中)の大ヒット記念舞台挨拶に登場した。

同作は、冲方丁による密室ゲーム・サスペンスを実写化。廃病院を舞台に、「死に方、タイミングが12人全員一致すること」という集団安楽死をするために集結した12人の未成年たちの前に、ルール違反の13人目の死体が現れ、ミッション達成が崩壊し出す。剥き出しになる12人の死にたい理由と、犯人捜しの追及が同時進行していく。

公開翌日に行われた舞台挨拶に、インフルエンザで登壇できなかったリベンジとして、今回堤幸彦監督との舞台挨拶を予定していた新田だが、なんと入れ替わりで堤監督がインフルになってしまったため、1人で登場。堤監督は「リベンジ舞台挨拶にインフル返しで欠席してしまい、全く申し訳ない。ワクチンを打っていたので、熱もなく、楽にのんびりしており、今もテレビを見ながら、焼きそばを食べております」とコメントを寄せた。

さらに、堤監督が「ラストのラスト、ものすごい神演技で不覚にももらい泣きしてしまいました」「作品にとてつもない大きな力を与えてくれました。感謝です」と新田の演技を絶賛すると、「そんなに褒めないでくださいよ〜」と照れる。堤監督は作中で新田が披露したスキンヘッド姿にもコメントを寄せ「まるで頭蓋骨の模型のようだ。美しい。驚いた。三蔵法師の役に立候補したらいかがか」と提案し、「孫悟空は杉咲花さん、沙悟浄は渕野(右登)くん、猪八戒は北村(匠海)くん、その他の人は悪代官か村人か岩か馬か」と、新田プロデュース・堤監督版『西遊記』の構想を語る自由っぷりだった。
○共演者陣からの質問

また、今回来れなかった共演者陣から新田への質問に答えた新田。杉咲花の「好きな食べ物はなんですか?」という質問には「肉……」と回答し、北村匠海の「僕との思い出で1番印象深い出来事を教えてください」という質問には新田「匠海らしいな〜」と頷く。「『仰げば尊し』で最初に出会って、2人でランチするためだけに会って沖縄料理を食べて解散して、ある日は匠海の家に行ってベランダで夜空を見上げながらお酒を飲んで喋ったりしたし。映画の撮影で地方に行った時は毎晩自分の部屋に来て話をしていました。たくさんありました。一つには決められないです」と熱く語った。

高杉真宙からの「コミュニケーション能力の向上を図りたい」という相談には「根本的な性格が違うからどうしようも言えない」と悩みながらも「ごめん、わかんないや、真宙くん! とりあえずハグから入ればいいんじゃない?」と提案。しかし「初日にハグしちゃったんですよ、おどおどしちゃってたから、無理かな」と懸念する。ロサンゼルス育ちだけに、日本に来たばかりの頃はよくハグをしていたという新田は「最近はしなくなったけど、同世代には」と明かした。

最後、黒島結菜からの「セリフを覚えるコツは」という質問には、「坂東龍汰と淵野くんと(萩原)利久をうちに呼び込むことです」と語る。特に同作では12人の会話が入り乱れているため「1人でやるとこんがらがっちゃうんですよ。3人が手伝ってくれました」と、みんなでセリフを覚える方法を提示していた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る