旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless」レビュー、ヒーローは遅れてやってくる?

2019年02月05日17時23分 / 提供:マイナビニュース

●ゼンハイザーがなぜ今、完全ワイヤレスイヤホンを発売したのか
ゼンハイザーの完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」が売れているらしい。ヨドバシ.comでの価格は38,540(税込)と、完全ワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスの価格なのに、なぜか……。理由を突きとめるため、実機を使い込んでみました。

ゼンハイザーを知らない人のため、どんなブランドか簡単に紹介しておきましょう。ゼンハイザーはドイツに本社を置く、ヘッドホン・イヤホンのスペシャリストです。2020年で創立75周年を迎えるゼンハイザーは、設立されたころから続くマイクロフォンのほか、ステージ用・会議用のワイヤレスオーディオ機器など、プロフェッショナル向けのコンポーネントも幅広く展開しています。つまり音楽制作の入口から、リスナーが楽しむための出口となる機器まで、一貫して手がけている老舗ブランドなのです。
○ゼンハイザーはちょっと出遅れた?

2018年は日本国内で、完全ワイヤレスイヤホンが大ブレイクしました。身にまとうケーブルの一切から解放されると、まるで自分のまわりにだけ好きな音楽が付いて回るような斬新なリスニング体験が味わえます。ヘアスタイルや服装の自由度もグンと高まるのがいいですよね。最近とても注目されている完全ワイヤレスイヤホンですが、本格的に出回るようになったのは2016年の後半からでした。ゼンハイザーのMOMENTUM True Wirelessが発売されたのは2018年後半。どうしてゼンハイザーは今になって、完全ワイヤレスイヤホンを発売したのでしょうか。

2016年から2017年、まだ完全ワイヤレスイヤホンが出始めたばかりのころ、完全ワイヤレスイヤホンは音切れやノイズの混入、スマホとの接続の手間がえらくかかることなど、色々なトラブルがつきまといがちでした。左右を結ぶケーブルをなくすことは、メーカーにとっても簡単なことではなかったのです。

それからしばらく経って、完全ワイヤレスイヤホンに関わる技術が確立され、ブランドの名に恥じない製品が提供できると判断して、ゼンハイザーはMOMENTUM True Wirelessの開発に乗り出したというわけです。既存のワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホン向けのアプリを一新し、独自にMOMENTUM True Wirelessのために起こした「Sennheiser Smart Control(以下、Smart Control)」アプリが完成を迎えたことで、準備万端。2018年12月に国内発売しました。

●MOMENTUM True Wirelessのいいところ
○着け心地は良好、オシャレなケースもうれしい

MOMENTUM True Wirelessは、旧来ゼンハイザーのファンだった人も、そうでない人にとっても、「待った甲斐があった」と断言できるほど完成度の高いイヤホンに仕上がっています。いくつもの完全ワイヤレスイヤホンを聴いてきた筆者が、MOMENTUM True Wirelessのいいところとして挙げたいポイントを紹介しましょう。

まずイヤホンだけでなく、基本的にいつも持ち歩くことになる充電ケースが非常にコンパクトなところです。これなら女性にもレコメンドできます。MOMENTUM True Wirelessのケースはファブリック素材でカバーされていて、見た目もスタイリッシュです。ケースが小さいとバッテリーの持ちが心配になりますが、イヤホン本体で約4時間、ケースで充電しながら使えば約12時間の音楽再生が楽しめるので、容量は十分といえそうです。

最初にMOMENTUM True Wirelessを見たときは、イヤホン本体が少し大きいように感じました。ですが身につけると装着感がとても心地よく、洗練されていて驚きました。外耳へのアタリがゴツゴツとしていなくて、肌触りも滑らか。本体がとても軽いので、長時間リスニングも負担に感じません。気をつけていないと、装着していることを忘れてしまいそうになるほどです。

完全ワイヤレスイヤホンは、スマホとのペアリングに手こずるとイラッとくるものです。MOMENTUM True Wirelessは新規に開発されたiOS/Android対応のコンパニオンアプリ「Smart Control」のナビゲーションに従っていけば、迷わず簡単にセットアップができました。ペアリングモードに入るときは、左右両イヤホンの側面タッチリモコンをホールド、長押しする操作が必要です。

●老舗の妙、鮮やかなミドル
○ゼンハイザーのフィロソフィーを詰め込んだドライバー

音質についてはこのあとレポートしますが、キモになるのが直径7mmのダイナミック型「SYS7」と呼ばれるドライバーです。ゼンハイザーの高級イヤホン「IE 800 S」(ヨドバシ.comでの価格は税込129,600円)にも搭載されています。つまり、ゼンハイザーのプレミアムイヤホンのフィロソフィーを注入した高音質ドライバーを内蔵しているのです。ハンドメイドで作りあげていたドライバーを量産できる体制を整え、MOMENTUM True Wirelessに採用しました。

Bluetooth接続は高音質・低遅延を特徴とするaptX LLのほか、aptX、AACにも対応しています。今回はGoogle Pixel 3 XLをリファレンスにして、aptXコーデックで音質を確かめてみることにします。

MOMENTUM True Wirelessのサウンドは解像度が高く、中高域の透明感に富んでいます。どの帯域もバランスよく鳴らしてくれますが、最もうまみを感じるのは鮮やかなミドルレンジです。ボーカルにピアノ、ギターが演奏するメロディがとてもエネルギッシュに聞こえます。

J-POPでボーカル系の楽曲はとても相性がいいと思います。2018年に音楽配信サービスで解禁されて話題を呼んだMr.Childrenのベストアルバム「Mr.Children 1992-1995」の収録曲から、『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』を聴いてみましょう。勢いのあるボーカルを前面に引き出しながら、声の表情の変化を豊かに再現します。バンドの楽器も定位が明瞭で力強く、まるでヘッドホンで音楽を聴いているみたいにゆったりとしていて、立体的な空間描写が楽しめます。

電気グルーヴの楽曲『MAN HUMAN』を再生してみると、低音への対応力の高さがよくわかりました。音の瞬発力が高く、冴え渡るビートの切れ味に圧倒されます。余韻も濁らず、音の消え入り際にミントのようにさわやかな後味が残ります。ボーカルやシンセサイザーのメロディに余計な付帯音が乗らないので、この曲独特の張り詰めた緊張感が伝わってきて、思わず背筋がゾクっとしました。

「Smart Control」アプリに搭載されているイコライザー機能は、上手に使うと低音再生を心地よいレベルに持ち上げたり、引き締めたり、あるいはボーカルの高域をより伸びやに響かせたり……ユーザーの好みに合わせた音に味付けできます。アプリの画面に現れる白いアイコンを動かせば、音の変化を確かめながら直感的に意中のサウンドへ調整できます。一度設定した値はイヤホンに保存されるので、セッティングを変えない限り持続されます。

○外音取り込みなど、細かい機能も充実

「Transparent Hearing」は、本体内蔵のマイクで外音を取り込む機能です。音楽を再生しながら外の音を取り込むか、音楽を止めて外音取り込み機能だけをオンにするかを選べます。音楽再生の心地よいバランスが崩れない程度に外音が聞こえるので、とても実用的な機能といえます。

本体はIPX4相当の防滴・防汗設計としているので、外音取り込みの機能と合わせて、ジムでトレーニングしながら音楽を聴きたいときにも役立ちます。イヤーチップのノズルに十字ガードがついていますが、これは誤ってイヤホンを耳の奥深めに入れ込んでしまっても、ノズルが肌を傷つけないようにするゼンハイザーならではの気配り。歴代MOMENTUMシリーズのイヤホンで、脈々と受け継がれているものなのです。スポーツシーンだけでなく、さまざまなシーンで音楽に没頭できる安心感を得られるところがMOMENTUMシリーズの魅力でしょう。

MOMENTUM True Wirelessは、現在発売されている各社の完全ワイヤレスイヤホンに比べると値段は少し高めです。でもそれは、購入後もずっと満足感を得られるイヤホンだからであるということがよくわかりました。文句なしにオススメできるイヤホンです。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る