旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

1440mm相当の超望遠、ニコンが高倍率デジカメ「COOLPIX B600」

2019年01月31日16時20分 / 提供:マイナビニュース

ニコンは1月31日、コンパクトデジカメの新製品「COOLPIX B600」を発表した。光学60倍ズームレンズを搭載し、35mm判換算で1440mm相当の超望遠撮影が可能な高倍率ズームデジカメ。正確なフレーミングがしづらくなる超望遠域での使いやすさを高める工夫も盛り込んだ。価格はオープン。発売日は2月15日。

一眼レフのようなネオ一眼スタイルのボディを採用する高倍率ズームモデル。ズーム倍率は光学60倍で、焦点距離は35mm判換算で24~1440mm相当。画像劣化の少ないダイナミックファインズームを有効にすると、最大2880mm相当(120倍ズーム)の撮影が可能。レンズの側面にもサイドズームレバーを搭載するほか、ボタンを押している間だけ一時的に広角側にズームバックして被写体を確認しやすくするクイックバックズームボタンも備えた。EVF(電子ビューファインダー)は搭載しない。

撮像素子は1/2.3型のCMOSセンサー(有効1602万画素)で、光学式手ぶれ補正機構の効果は3段分相当。動画撮影はフルHDまでの対応となる。

本体サイズはW121.6×H81.5×D99.2mm、重さは約500g(メモリーカード、バッテリー含む)。本体カラーはブラックとレッドの2色を用意する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る