旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

描写性能重視のF2.8超広角ズームなどレンズ2本、リコー

2019年01月31日12時19分 / 提供:マイナビニュース

リコーは1月31日、デジタル一眼レフカメラ用の交換レンズとして、超広角ズームレンズ「HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW」と広角レンズ「HD PENTAX-FA35mmF2」の2本を発表した。希望小売価格は、HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AWが税別21万円、HD PENTAX-FA35mmF2が税別56,000円。発売はいずれも2月22日。

HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AWは、APS-Cセンサーを搭載したデジタル一眼レフに対応した超広角ズームレンズ。描写性能を重視したスターレンズに属する高画質モデルで、開放F値はズーム全域でF2.8。レンズに最新のHDコーティングを施すことで、コントラストが高く抜けのよい描写を可能にした。レンズの前面にははっ水効果のあるSPコーティングを施し、汚れの付着も抑えた。レンズは防塵防滴構造。全長は約100mm、重さは約704g。

HD PENTAX-FA35mmF2は、フルサイズ対応の広角レンズ。発売中の「smc PENTAX-FA35mmF2AL」をベースに、HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AWと同様にHDコーティングとSPコーティングを施した。デザインも最新レンズに合わせたデザインとした。全長は44.5mm、重さは約193g。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る