旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

TowerJazz、65nm採用グローバルシャッターCMOSイメージセンサの量産を開始

2019年01月30日14時22分 / 提供:マイナビニュース

TowerJazzは、300mmウェハ対応の魚津工場(日本)において、65nmプロセスと独自のライトパイプ技術を活用することで2.5μmまでのさまざまなピクセルサイズに対応するグローバルシャッター方式のCMOSイメージセンサ技術の提供を開始することを発表した。

これまで同社が提供してきたピクセルサイズは2.8μmが最小であったが、今回の技術の提供により、より小型なイメージセンサの提供が可能になるとしている。また、画質については、独自ライトパイプ技術により、高い機能性と射角特性を実現。これによりシャッター効率と量子効率(QE)は高い光線入射角でも高い性能を提供できるとしている。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る