旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

パナソニック、撮影アシスト機能が充実したビデオカメラ

2019年01月29日18時10分 / 提供:マイナビニュース

パナソニックは1月29日、デジタルハイビジョンビデオカメラ「HC-W590M」「WZ590M」を発表した。販売ルートによって、HC-W590MやWZ590Mと型番が異なるが、同一の製品である。ピンク、ブラウン、ホワイトの3色を用意し、2月14日に発売する。価格はオープンで、推定市場価格は60,000円(税別)。

HC-W590M/WZ590Mでは、撮影のアシスト機能を充実させた。たとえば、REC/PAUSEアイコンを画面に大きく表示し、録画ボタンの押し忘れや誤操作を軽減する。「手振れロック」機能では、手ブレの発生しやすいシーンを自動で判定。望遠ズーム時などに強い手ブレ補正をかけて、撮影をアシストする。手ブレ補正は、手首の縦 / 水平、腕の左右 / 上下、歩行時に発生する回転方向の「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を搭載した。

メインカメラの横にある可動式サブカメラを使い、2つのカメラで同時に撮影する「ワイプ撮り」が可能。スマートフォンで撮影した映像をWi-FiでHC-W590M/WZ590Mに送信し、3台のカメラで撮影した映像を組み合わせる「ワイヤレス ワイプ撮り」にも対応する。ブルーレイ・DVDレコーダー「ディーガ」との連携機能も強化されており、USBケーブルでHC-W590M/WZ590Mを接続し、「ディーガ」の「取込」ボタンを押すだけでダビングが行える。

メインカメラの撮像素子は、有効画素220万の1/5.8型MOS。レンズは28mm~1,740mmの光学62倍相当(35mm判換算)、レンズの明るさはF1.8~F4.2。サブカメラの撮像素子は1/5型MOS。レンズは30.6mm相当(35mm判換算)で、レンズの明るさはF2.8。本体裏には、約46万ドットの3型ワイド液晶を搭載する。

記録メディアは、64GBの内蔵メモリとSDXCメモリーカードを使用可能。録画時間は最大約27時間30分(内蔵メモリ使用時)。本体サイズはW60×D129×H62mm、重さは約266g。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る