旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

CTCSP、顔認証技術を備えたシンクライアントを提供

2019年01月29日14時21分 / 提供:マイナビニュース

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のグループ会社であるシーティーシー・エスピー(CTCSP)は1月29日、ソリトンシステムズのID・パスワードと生体情報などを組み合わせる多要素認証ソフト「SmartOn ID」を使用した、顔認証機能のあるシンクライアントの提供を開始したことを発表した。

SmartOn IDは、ICカードや生体認証などを用いた多要素認証でPC利用時の認証を強化し、外部デバイスやデータへのアクセス制御をトータルに実現するPCセキュリティシステム

提供を開始したのは、汎用PCにカスタマイズを行いシンクライアント化して販売するサービス「Smart Secure Client(以下、SSC)」のメニューとして提供されるもの。

SmartOn IDを使用することで、カスタマイズしたシンクライアントに顔認証機能を搭載できる。これによりユーザーは、複雑なパスワードを覚えたり認証用の外部デバイスを携帯したりする必要がなくなり、利便性を確保したままユーザー認証のセキュリティが強化される。

また、顔写真を使った生体情報の一括登録や、アカウント情報・ログイン履歴などの一元的管理も行えるため、大規模な導入や運用における管理者の負担を軽減するという。

CTCSPは、2020年1月のWindows 7のサポート終了に伴い、Windows 10への入替を検討している企業や自治体を中心に展開し、3年間で100社への提供を目指すという。今後も、セキュリティや利便性を高めるSSCのカスタマイズメニューを拡充し、企業のモバイルワーク環境の整備を支援していくとしている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る