旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

アスクルがIoT活用した「コピー用紙自動配送サービス」

2019年01月28日13時41分 / 提供:マイナビニュース

アスクルは1月28日、コピー用紙の残量をIoT機器「スマートマット」で検知し自動で発注・配送する「コピー用紙自動配送サービス」を2月下旬に開始すると発表した。

スマートマットはスマートショッピングが提供するIoTデバイスで、電池とWi-Fiで動作するため置き場所も選ばず、重量センサを搭載した本機器上に物を置くだけで常に残量・残数を自動計測する。

新サービスは「コピー用紙の利用量が一定ではないので定期配送では余ってしまう」「適正在庫を維持するため、なくなるタイミングで注文したい」などの理由で定期配送サービスの利用に至っていないユーザーの声に対応し、重量センサを搭載したスマートマットの上にコピー用紙をセットするだけで残量を自動で検知、あらかじめユーザーが設定した数量以下になると自動でアスクルに注文するサービスとなり、注文する数量も任意に設定することが可能。

なお、ユーザーはスマートマットを購入する必要はなく、初期費用なしの月額300円(税別)の利用料金で利用できる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る