旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

アクア、家具みたいな外観の冷蔵庫 - 大容量なのに「薄い」のが魅力

2019年01月25日16時33分 / 提供:マイナビニュース

アクアは1月24日、冷凍冷蔵庫の新製品「TZシリーズ」を発表した。発売は3月上旬を予定しており、推定市場価格は27万円前後(税別)。

ラインナップは、サテンシルバーとダークウッドブラウンの2種類。世界的なプロダクトデザイナーとして知られる、深澤直人氏がデザインを手掛けた。インテリア性が高く、洗練された外観となっている。

TZシリーズの定格内容積は512L。冷凍室の容量は116L(製氷ユニットを除く)と、500Lクラスの冷凍冷蔵庫では最大級だという。冷凍室が6つの棚に分かれているのも特徴だ。

本体サイズはW830×H1,825×D635mmで、500Lクラスの冷凍冷蔵庫としては奥行きが非常に薄くなっている(アクアによると、730mm前後が一般的だという)。奥行きを抑えたことで、食品を取り出しやすく、内部も見渡しやすい。冷蔵室、冷凍室ともにLED庫内灯がふんだんに設置されているため庫内が明るく、食品を探しやすい仕様だ。

性能・機能面では、アクア独自の「旬鮮フリーザー」を採用。霜取り運転時に作動するヒーターの熱を遮ることで、庫内の温度低下を防ぎ、食材への霜の付着や冷凍焼けを抑え、食材の鮮度を保つとともに、省エネ性能も高める。

独立した野菜室は設けず、冷蔵室内に「旬鮮野菜ルーム」(26L)を設置。冷蔵室の中で一番低い位置にあり、出し入れしやすい構造だ。このほか冷蔵室には、0度前後の温度帯で肉や魚を保存するスペース「フレッシュストッカー」も旬鮮野菜ルームの上に備える。半密閉構造により、食品の乾燥を抑えることが可能だ。

TZシリーズはアクアの冷凍冷蔵庫において最上位モデルにあたる。薄型設計シリーズとしては初代モデルと位置づけており、アクアは今後ラインナップの拡充も検討しているとのことだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る