旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「ひょっこりはんを続けることが僕の使命」迷いなし! 海外進出にも意欲

2019年01月23日08時00分 / 提供:マイナビニュース

●遊びのツールとして“ひょっこり”を広めたい
2018年の元日に放送された日本テレビ系『おもしろ荘』をきっかけに大ブレイクを果たしたお笑い芸人のひょっこりはん(31)。SNSでも芸能人や一般人がひょっこりはんの真似をして“ひょっこり”した動画や写真が多く投稿され、大きなブームを巻き起こした。8月に発売された絵本『ひょっこりはんをさがせ!』は、タレント本では異例のロングセラーとなり、10万部を突破。発売から4カ月で第2弾が発売され、人気を証明した。そんな大活躍の2018年を振り返るとともに、気になる今後の活動について本人に直撃した。

――テレビやイベントに引っ張りだこ、まさに大ブレイクの2018年になりましたが、振り返ってみていかがですか?

劇的に変わりましたね。これだけ劇的に変わることがこれからあるのかなっていうくらい『おもしろ荘』からガラッと人生が変わって、休みなくこんなに働いたことも今までないですし、人からこんなに“ひょっこり”を求められたこともないですし、1年ずっとうれしかったです。周りの環境も変わって、街で顔を指されることもなかったですし。でも、自分自身は2年前、3年前と変わっていないので、不思議な感じもあります。

――2019年はどんなプランを考えていますか?

2018年にいろんな仕事に挑戦させてもらって、子供たちに向けてやったり、ナレーションとか声の仕事も楽しかったので、2019年もいろいろ挑戦したいですね。あと、海外の人が声をかけてくれたり、海外でひょっこりはんが話題になっていると聞いたこともあるので、2019年は海外にも広めていきたいです。絵本も国籍関係なく海外でも楽しんでもらえると思いますし、いろんな人が遊べるツールとしてひょっこりはんを伝えていけたら。“ひょっこり”の伝道師というか(笑)。絵本のほかにも、ゲームとかいろんな展開ができると思いますし、いろんな形でみなさんに“ひょっこり”を楽しんでもらえる活動をしていきたいです。

――ひょっこり芸以外もやってみようと思うことはありますか?

ひょっこり芸だけでやっていこうと覚悟を決めるまでは、ほかのこともやった方がいいのかなと考えたこともありましたが、ひょっこりはんという名前からして自分にぴったりだなと。今はひょっこりはんをやるために芸人になったんだと思っています。ひょっこりはんっていうレールを敷いて、何か迷ったらここに戻ってきた方がいいという意味でひょっこりはんという名前をつけた。最初は迷っていていろんなネタをやったんですけど、ひょっこりはんに戻ってネタをやったらうまくいったので、ひょっこりはんを続けていくことが僕の使命だと思っています。いろいろアレンジできるので、無限の可能性を信じて(笑)

――ひょっこりはんとして活動を始めた最初は、違うネタをやられていたんですね。

ひょっこりはんという名前にしたときからイメージはあったんですけど、まだこの芸はやっていなくて。ひょっこりはんが顔を出す芸をやったら、それ以外何もできなくなるという怖さがあってほかのネタもやりました。でもうまくいかず、ひょっこり芸をやり始めたらうまくいって、自分を信じるのが一番だなと。ひょっこりしたときに本当にしっくりきて、そのときの感覚がすごかったんです。それで続けたら世の中に広まって、流行語にもノミネートされるくらいになったので、信じてやることは大事だなと感じています。

――ひょっこり芸1本でいくと決めるまでに、誰かに相談したり、助言をもらったりしたことはありますか?

「ひょっこりはんで大丈夫なの?」っていろんな人から言われていたんですけど、若手芸人をよく見てくれている構成作家の山田ナビスコさんが「すごいおもしろい」って言ってくれて、ナビスコさんの意見はよく聞いていました。「ただ顔出しているだけやん」とか賛否分かれるネタだと思うんですけど、認めてくれる人の話の意見ばっかり聞いてやってきました(笑)。

――ブレイクしてからは、ひょっこり芸1本に迷いはなく?

迷いはないです。これでいいんだと信じています。

――2018年は「Yahoo!検索大賞2018」のお笑い部門賞を受賞され、「『現代用語の基礎知識』選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされましたね。

ありがたいなと。流行語大賞もノミネート30語に入れたというので十分だと思っています。

――今後、狙いたい賞はありますか?

賞というより、“ひょっこりはん”が常用語になるといいなと思っています。それで『広辞苑』に載る! めちゃくちゃでかい野望ですけど、そういう風に普段使われる言葉になったらいいなと。賞だと、「メガネベストドレッサー賞」とか、髪の毛がサラサラなので髪の毛の賞(「ベスト スタイリング アワード」)とかいただけたらうれしいですね(笑)

●絵本も好調! シリーズ化に意欲

――絵本もすごい人気ですね。8月24日に発売された第1弾『ひょっこりはんをさがせ!』は10万部を突破しました。

最初に目標10万部と言われたときは、まさか達成できるとは思っていなくて。本を出すのも初めてだったので想像がつかなかったですし。ただ、イラストの中に隠れているひょっこりはんを探すという企画自体、ひょっこりはんのネタとまさにマッチしていて面白いなと思っていました。それが10万部という数字が出て、面白がってくれている人がたくさんいることがわかってうれしいです。

――そしてわずか4カ月で、第2弾『もっとひょっこりはんをさがせ!』が12月20日に発売に。第1弾は世界一周がテーマでしたが、第2弾は日本縦断。仕上がりはご自身から見ていかがですか?

めちゃくちゃいい仕上がりだと思います! 1作目は手探りだったんですけど、もっとこうしたいなというのを第2弾に落とし込めたので。各ページの絵のクオリティもアップしていますし、写真の中に僕が本当に隠れている“リアルひょっこりはん”とか、ABCが学べる“ABCからひょっこりはん!”とか、新しい企画も面白いです。ひょっこりはんのシールもついていて、絵本に貼って楽しめますし、遊び方が増えました。

――絵のクオリティがアップしたということですが、どのような点に力を入れたんですか?

前作に比べて、絵の動きを増やしてもらいました。人の動きをもっとつけたり。あと、ただひょっこりはんを探すだけではなく、その場所で巻き起こっているストーリーもちゃんと描いているので、見ていてより楽しい絵になったと思います。

――日本から世界ではなく、第1弾が世界で、第2弾が日本に。

はじめは2冊作ると思っていなかったので、世界のいろんなところでひょっこりしたいという僕の願望もあって世界をテーマにしました。そして、第2弾が決定し、今度は日本がテーマに。探すという面白さはすたれないと思うので、シリーズ化してもっと出したいですね。

――今度はどんな場所をテーマにしたいですか?

宇宙や架空の世界もいいですよね。逆にもっと狭めて、例えば遊園地…ディズニーランドを巡るとか。そう考えると、無限にいくらでもあると思います!

■プロフィール
ひょっこりはん
1987年4月28日生まれ、滋賀県出身。早稲田大学卒業後、2012年に18期生としてNSC東京校に入校。お笑いコンビ・ダイキリとして活動していたが2016年に解散し、同年よりピン芸人として活動を開始した。2018年元日に放送された『おもしろ荘』(日本テレビ)をきっかけにブレイクし、テレビやイベントに引っ張りだこに。「Yahoo!検索大賞2018」のお笑い部門賞を受賞され、「『現代用語の基礎知識』選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた。趣味はストレッチ、ヨガ、サイクリング、漫画、絵本。特技はソフトテニス(インターハイ出場経験あり)、けん玉。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る