旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

3000人に聞いた、会社の制度変更で残業が減った業種第1位は?

2019年01月21日11時50分 / 提供:マイナビニュース

パーソルキャリアは1月21日、運営する転職サービス「doda」において、20歳~59歳のビジネスパーソン3000人を対象に実施した「この1年で残業は増えたか、減ったか。その要因はどこにあるのか」の調査結果を発表した。

1年前に比べて「残業が減った」と回答した人は26.3%と、全体の4分の1以上となった。そのほか、「増えた」と回答した人は17.4%、1年前と「変わらない」と回答した人は51.5%だった。

残業が減った」と答えた人にその要因を聞いたところ、最も多かったのが「会社の制度変更」で、37.7%と全体の4割近くを占めている。一方、「残業が増えた」と答えた人にその要因を聞いたところ、最も多かったのは「仕事が増えた」の63.2%で、次いで「人が減った」の32.4%だった。

「会社の制度変更」によって残業が減ったと回答した人の業種については、「金融」が16.8%と最も多かった。これに「IT・通信」と「メーカー(機械・電気)」がともに14.8%、「商社」が4.7%と続いている。

職種別は、「営業職」26.9%、「技術職(SE・インフラ・Webエンジニア)」14.8%、「企画・管理」13.5%の順となっている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る