旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『紅白』視聴率上昇は11地区中半数 札幌2部8.0ポイントの大幅減

2019年01月02日13時22分 / 提供:マイナビニュース

大みそかに放送された『第69回NHK紅白歌合戦』の番組平均視聴率は、関東地区では第1部・第2部いずれも前年から上昇したが、全国主要11地区で見ると、第1部は6地区、第2部は5地区が上昇した。

関東地区は、1部(19:15~20:55)37.7%、2部(21:00~23:45)41.5%で、いずれも前年比1.9ポイント、2.1ポイント上昇。関西地区は1部35.2%(前年比+2.0)・2部40.5%(+0.9)だったが、名古屋地区は1部38.6%(+1.5)・2部44.6%(-1.1)だった。

その他の地区は、北部九州が1部28.8%(-2.0)・2部38.0%(-1.8)、札幌が1部27.9%(-6.5%)・2部33.6%(-8.0)、仙台1部32.1%(-3.1)・2部38.6%(-0.1)、広島1部35.1%(-0.5)・2部38.5%(-3.2)、静岡1部41.2%(-7.2)・2部44.5%(-4.2)、福島1部46.0%(+4.1)・2部48.1(+5.1)、新潟1部43.5%(+2.0)・2部45.5%(+2.1)、岡山・香川1部34.6%(+3.3)・2部39.1%(+1.4)。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサーが2年連続で務め、紅組司会は広瀬すず、白組司会は嵐の櫻井翔。35年ぶりにNHKホールに登場したサザンオールスターズが特別企画としてラストを飾り、最後の「勝手にシンドバット」では、北島三郎や松任谷由実ら出演者を巻き込んだ圧巻のパフォーマンスで会場を盛り上げ、大団円を迎えた。

勝敗結果は白組が勝利し、通算成績は紅組31勝、白組38勝。NHK制作局の二谷裕真エンターテインメント番組部長は「松任谷由実さんの『私が好きなユーミンのうた』募集企画で、スタジオ歌唱シーンからNHKホールに突然現れる演出、米津玄師さんの幻想的な世界観を表現した徳島からの中継、北島三郎さんの大復活、サザンオールスターズ35年ぶりのNHKホール歌唱など、ひとときも視聴者を離れさせまいと渾(こん)身のシーンの連続だったと思います」と総括しながら、「改めまして、全ての出演者の皆さま、また撮影や中継に御協力いただいた関係者の皆さま、そして全国の視聴者の皆様に心より感謝申し上げます」とコメントしている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る