旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』はこの冬一番凄いヤツ! 超ヒットスタートに野沢雅子も「今までで間違いなく一番」

2018年12月18日18時56分 / 提供:マイナビニュース

12月14日より公開されている映画『ドラゴンボール超 ブロリー』が、14・15・16日の3日間で82万人以上を動員して10億5000万円以上の興行収入となり、動員数・興行収入ともに2位以下に大差をつけて"ぶっちぎり"のNo.1に。さらに、14・15日公開作品の「ぴあ映画初日満足度ランキング」でも1位となり、その勢いはとどまりそうにない。

かつて『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』(1993年)、『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』(1994年)、『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!! 勝つのはオレだ』(1994年)で孫悟空たちを苦しめた強敵・ブロリーと再び激突し、激戦を繰り広げる本作。TVシリーズ『ドラゴンボール超』に続くエピソードでありながら、往年のファンにとってもたまらない、とびっきりの内容となっている。新旧ファンを巻き込んで、熱烈な盛り上がりを見せている本作について、悟空を演じている声優の野沢雅子に、作品に込めた思いを訊いた。

――映画を拝見したのですが、すごくおもしろくて、「この冬一番の映画がもうきちゃった!」と思ってしまいました。バトルだけではなく、ドラマの部分も非常に見応えがありました。

この冬一番の映画に絶対になると思いますよ! 内容もバトルだけではないのですけれど、私の中ではバトルだけをやっていたような感覚なんです。ほかに何かセリフを言ったかしらって。そのくらいずっと戦っていました。

――完成した作品を最初に観られたときの感想はいかがでしたか。

(まだ観ていない方もいるので)中身について触れることができないんですけれど、本当に素晴らしいですよ。一人でも多くの方に観ていただきたい。絶対にガッカリはしないはずです。映画館から出るときには、きっと「ウワァー!!」「よかった!」という気持ちになっていただけると思います。

――今回の作品はブロリー世代のファンもすごく楽しみにしている映画だと思うのですが、昔からのファンに向けて、ここは見てほしい、といったポイントはありますか。

ポイントは……言えないんですよ。昔、自分が観たくて観たくて期待していた映画の内容について、チラッと聞いてしまったことがあったんです。聞いたらやっぱり、聞いたところがわかってしまっているから、感動が薄れちゃうんですよ。「あ、ここはこうなんだよな」って引いて観てしまう。だから今回の映画では、皆さんに内容を言わないでってお願いしているんです。楽しみにしてくださっている方に、まっさらな気持ちで観ていただきたくって。(東映の)三角マークからワクワクしてほしいんです。

――記事でご紹介しなくても、口コミで大ヒットしてしまうのではないか……というくらい熱い内容でした。

本当にそうでしょう。いいんですよ~! 私は今までで一番いいわねって、言っているんです。今までにもたくさんの作品をやっていますよね。それらの前の作品が悪いということでは決してないんです。今までもすごくよかったのに、今回はその上をいってますよ!ってことです。

――プロローグ的なところで、バーダックの親としての一面に、とても感情を動かされました。

うれしいです。バーダックはバーダックで、やっぱり父親だなと思いますよね。そう思わせるところがチラッチラッと見えています。でもそこがバーダックの、人間としての本質だと思うんです。そういうところはちょっと見てほしいですね。

――今回、超強敵のブロリーが復活します、戦ってみていかがでしたか。

やっぱり強いですよ。強いけれど、悟空にはブロリーを徹底してやっつけようって気持ちは全くないんですよね。「だめだよ」なんですよ。「そういうことはいいことじゃないだろ、だからやめなさいよ」っていう。悟空はそういう気持ちで戦っているんです。

――悟空は本当に一貫してブレないですよね。強い相手と戦いたいと。

それがもう、悟空の喜びですからね。

――バトルシーンのボリュームもものすごいものがありましたが、こちらはどれくらいの期間で収録されたのでしょう。

あれは1日でやっているんですよ。

――1日ですか! 叫びのシーンもかなりある印象でした。

もう、叫びっぱなしですからね(笑)。

――バトルが展開される空間の中でのアクションの迫力も素晴らしかったです。

観ていただけるとわかるんですけれど、どんどんどんどん引き込まれると思うんですよ。なので、もうドップリと映画の世界に入り込んでほしい。本当は1回目観ていただいて、2回目はちょっと落ち着いて観ていただくことで、もっといろんなことがわかってくる。そして、3回観ていただくと、映画がすっかりわかると思うんです。

――カメラワークが多彩だったので、まだ仕上がりではない状態であのスピード感のあるアフレコをされたというのは大変だったのではないでしょうか。

速いでしょう。アフレコの時は、(絵は入ってなくて)もう線ですから。線になっているのを、これ誰? 悟空?って(笑)。

――収録にあたって、監督からリクエストなどはありましたか。

こうしましょうなんて言われたはことないですね。全部お任せです。どんな役をやっていても、今まで一度もそう言われたことはありません。それは私がすごいということではなくて、プロデューサーやディレクターの方と合っているということだと思うんです。

――悟空を演じる上で、事前に演技プランなどは考えられることはあるのでしょうか。

プランとかなんとかって、私したことないんですよ。それは嫌なんです。プランにしてしまうと、次はこう、その次はこうというのがわかっちゃうじゃないですか。私は悟空と一緒に作品の世界に入って、動きたいんです。例えば、「ドラゴンボール」は、前もって台本を送っていただけるから、原作を読んでいけば、今週やるところが事前にわかってしまうんです。だから、私は絶対に読まないんです。

ちゃんと事前に台本を読んでくるやり方もあるし、そのやり方は間違っていません。私はどうしてやらないかというと、次がわかってしまうと薄れてしまうんですよね。だから、悟空と同じ気持ちでいたいので、見ないでいくんです。台本は終わってからじっくり読むようにしています。1コマ目から2コマ目に移るときの膨らませ方に感心したり、どう映像になっていくのかというのを楽しみに考えながら読んでいます。

――そのやり方は、どなたかの影響を受けていたりするのでしょうか。

ないです、自分の役者としての生き方ですよね。舞台だって、来てくれた皆さんは初めて観てくださるわけじゃないですか。それで自分が演じていて、そのお芝居がウケた時には、とってもその役に私がノッていたということになる。それがいいんですよ。別に笑わなくたっていいんです。「おぉ!」という驚きの反応だって、それもウケたということじゃないですか。私もその反応してくれたのを肌で感じますから、そういうのが最高ですよね。

――アニメーション作品では舞台と違ってその場で反応があることはないですが、別の機会にファンの方からの反響を感じることはありますか?

ありますよ。ファンレターでも感じます。道端でも、「今度いつTVシリーズが始まるんですか?」なんていわれてうれしいんですけれど、私は描いているのではないので、わからないんですって答えるんです(笑)。でも、それだけ皆さんが見ていてくださっているというのは素晴らしいですよね。

――イベントで野沢さんをお見かけしたりすると、すごいエネルギーを発しているような、パワーに溢れてるように感じるのですが、そのパワーの秘訣はあるのでしょうか。

私ね、自分でパワーを出しているって思っていないんですよ。自然体のつもりなんだけれど、出ているのかもしれないわね。私マイナス思考0の人ですから。

――昔からですか?

昔から。大っ嫌いなんですよ、マイナス思考。

――まさに悟空みたいですね。

かもしれないですね(笑)。

――最後に、映画を楽しみにしているファンの方へ向けて、メッセージをいただけますでしょうか。

「ドラゴンボール」の映画は今までに何作もやってきて、これはお世辞でもなんでもなく、今回の作品は今までで間違いなく一番。今回は本当に一番いい。絶対に観に行ってください。観に行ったら、お一人が3人に広めていただいたらずいぶん違うと思うんです。

――今の子どもたちも、過去熱狂したファンの方にも、今回の作品は心に響くと思います。

絶対にそうですよ。悟空の私がいうのだから(笑)。

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』は、現在公開中。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る