旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

NTT東、Wi-Fiを活用した人流分析・施設間送客の実験イベント-渋谷

2018年11月12日15時25分 / 提供:マイナビニュース

日本電信電話(以下、NTT東日本)と、東急文化村(以下、Bunkamura)は、11月16日〜12月25日まで、専用アプリとWi-Fi環境などを活用したスタンプラリー施策『チェブラーシカとしぶやビンゴラリー「チェブラリー」』を開催することを発表した。

「チェブラリー」は、無料アプリをスマートフォンにダウンロードして、Bunkamuraを含む商業施設などにあらかじめ設定してあるスタンプポイントを回遊しながらデジタルスタンプを集め、プレゼントと交換できるイベント。渋谷ウィンターイルミネーション実行委員会および渋谷駅前エリアマネジメントの協力のもと、開催される。

収集したデジタルスタンプでビンゴが成立すると、Bunkamura館内の特設ブースにてプレゼントと交換できる。

同イベントの参加者が各スタンプポイントを通過したかをWi-Fi接続や位置情報で判定し、その際に収集した接続データや位置情報データを活用して、イベント参加者の属性や周遊経路情報を分析することで、街や商業施設の活性化に向けた効果検証を行うという。

あわせて、プレゼント交換ブースのあるBunkamuraでも館内4ヶ所にスタンプポイントを設定し、「Bunkamuraビンゴラリー」も開催される。

また、各社の役割は、NTT 東日本が「ギガらくWi-Fi」によるBunkamura館内のスタンプポイント(Wi-Fiスポット)の環境整備。Bunkamuraは同施設を含む渋谷駅周辺商業施設などでのスタンプラリー運営。

「チェブラリー」の参加方法は、まず「チェブラーシカとしぶやビンゴラリー」アプリをダウンロードし、各施設にて「SHIBUYA Wi-Wi-Fi」に接続するか、各スタンプポイントに掲示してあるQRコードを読み込んで、デジタルスタンプを収集する。ビンゴを達成したら、Bunkamura 1階の特設ブースにてプレゼントと交換できる。

一方の「Bunkamuraビンゴラリー」は、アプリをダウンロードしたのちBunkamura館内4ヶ所のスタンプポイントにて「SHIBUYA Wi-Wi-Fi」に接続するか、各スタンプポイントに掲示してあるQRコードを読み込んで、デジタルスタンプを収集する。デジタルスタンプを4つ集めたら、Bunkamura1階の特設ブースにてプレゼントと交換できる。

プレゼント内容は、ビンゴ賞には「Bunkamura商品」として、ドゥ マゴ パリ1ドリンク無、ロビーラウンジ1ドリンク無料。「チェブラーシカオリジナルグッズ」としてコースター、ピンズ。コンプリート賞には、「Bunkamura商品」としてドゥ マゴ パリ 特別ディナーコース招待(1組2名)、ロビーラウンジ ロシアン・セレブレーション スペシャルメニュー。「チェブラーシカオリジナルグッズ」としてランチトートバッグ、マグカップ、Tシャツ──が用意される。

プレゼント交換場所は、Bunkamura1階エレベーターホール。交換受付期間・時間は11月16日〜12月25日の12時~20時。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る