旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

英語が使えずに困った経験があるビジネスパーソンは何割?

2018年10月17日15時31分 / 提供:マイナビニュース

オンラインスクールは10月17日、「ビジネス英語に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2018年8月17日~24日、調査対象は通勤に電車を利用している東京都埼玉県千葉県神奈川県在住の20歳以上のビジネスパーソンで、有効回答は1,000人。

業務上、英語が使えずに困った経験があるか尋ねたところ、「ある」と答えた割合は45.0%、「ない」は55.0%となり、ビジネスパーソンの4割以上が業務上、英語が必要な場面に遭遇し、英語が使えずに困った経験があることがわかった。

収入アップのためにどのような要素が必要かとの問いに対しては、「資格取得」が最も多く58.0%。次いで「英会話力」が57.6%、「雑学」が49.0%、「副業」が46.9%、「プログラミング能力」が41.7%と続き、「資格取得」と「英会話」が収入アップに必要な要素であると考えているビジネスパーソンは2人に1人以上を占めた。

過去1年以内に通勤電車内で勉強した経験が「ある」人は44.6%、「ない」人は55.4%。勉強内容については、1位「自身の会社の業務内容に関連した勉強」(57.4%)、2位「英語、英会話」(35.9%)、3位「趣味に関連した勉強」(33.9%)、4位「資格取得のための勉強(国家資格)」(29.4%)、5位「自身の資産運用などに関連した勉強」(28.7%)となった。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る